Goouuu Tech ESP-32F(続き)

いろいろ悩んで、結局正体のよくわからないESP-32Fをいじっているけどなんとかなりそうな続き。

たぶん、そこそこ解決。

 

あんまりゴテゴテ接続するのも良くないと思い、最初のLチカを諦めて簡単なスケッチを使うことにした。

内容はシリアルモニタに文字を出力するだけ。

(どっかで使ったのを持ってきたんだけど、忘れた)

 void setup() {
  Serial.begin(115200);
 }
 void loop() {
  Serial.println("Hello from DFRobot ESP-WROOM-32");
  delay(1000);
 }

これだけ。

 

ブレッドボードに刺すのもやめて、直接シリアル変換モジュールに接続。

3.3V、GND、RXとTXD、TXとRXDという4本だけ。

これで問題があった時の確認がだいぶ楽になったはず。

 

あとは書き込み時の方法の見直し。

探し回って、以下の手動での書き込み方法に気がついた。

 https://ht-deko.com/arduino/esp-wroom-32.html#04_02

BOOTスイッチとRSTスイッチはデフォルトで付いているので、このやり方で書き込みができるかもしれない。

ハードウェアはそのまんま、ESP32 Dev Moduleを選択した。

Upload Speedは念のため、ちょい遅くして115200にしておいた。

上記の条件で書き込みしてみたところ、

esptool.py v2.1
Connecting.....
Chip is ESP32D0WDQ6 (revision 1)
Uploading stub...
Running stub...
Stub running...
Configuring flash size...
Auto-detected Flash size: 4MB
Compressed 8192 bytes to 47...

Writing at 0x0000e000... (100 %)
Wrote 8192 bytes (47 compressed) at 0x0000e000 in 0.0 seconds (effective 4133.8 kbit/s)...
Hash of data verified.
Compressed 14128 bytes to 9213...

Writing at 0x00001000... (100 %)
Wrote 14128 bytes (9213 compressed) at 0x00001000 in 0.8 seconds (effective 138.9 kbit/s)...
Hash of data verified.
Compressed 140864 bytes to 78735...

Writing at 0x00010000... (20 %)
Writing at 0x00014000... (40 %)
Writing at 0x00018000... (60 %)
Writing at 0x0001c000... (80 %)
Writing at 0x00020000... (100 %)
Wrote 140864 bytes (78735 compressed) at 0x00010000 in 6.9 seconds (effective 163.1 kbit/s)...
Hash of data verified.
Compressed 3072 bytes to 122...

Writing at 0x00008000... (100 %)
Wrote 3072 bytes (122 compressed) at 0x00008000 in 0.0 seconds (effective 1565.5 kbit/s)...
Hash of data verified.

Leaving...
Hard resetting...

と、無事にエラーもなく書き込めた。時間はかかるけど。

 

シリアルモニタの状態を確認してみる。

文章がループ状態、スケッチ通り。

とにかくこれで成功、ということでいいかな。意外にも書き込み方法を変えるだけでなんとかなった。

こんな出所不明なボードでも無事使えることが判明して、なんか結構感動した。(ので、こっそりお布施した)

 

他にも調べてみたら、DX.comにも似たようなものを売っていた。

メーカー名が違うけど、同じっぽい。

ただ、記載されているGoogle Driveのフォルダの画像を見ると、ESP-32Sって書いてあるんだな。

どんどん訳わからなくなるから、あんまり追求しないほうがいいんじゃないかと思えてきた。

まあいじってるうちに解ったことがあったら、ここでメモしておこう。

Sponsered Link

コメント

私も同じ製品を購入したのですが、deep sleepモードにしても20mAまでしか消費電流が下がらず、本家のESP-WROOM-32とは違うのか?と混乱しております。消費電力は試されましたでしょうか?

  • 渡邊
  • 2019/01/13 00:36

こんにちは渡邊さん。
このコメントが付くまで、この基板について放置してました…もう一年前になるのかとびっくりしてます。DX.comはページが無くなってるし。

あれ以来いじってないため、消費電力等はチェックしてない上にあまり情報がなくて申し訳ないのですが、
http://esp32.net/
によると、このGoouuu TechのESP-32FはESP-WROOM-32のクローンとなっているので、別物ですね。
(ESP-32Sと似てますが、そっちもクローンと書いてありますね)
本家と同じようには使えないかもしれません。

  • ねこ
  • 2019/01/13 19:11

ねこさま
ご返信ありがとうございました。よくよく調べると3.3Vを作るのに使っていたDCDCダウンコンバーターの電流も含めて測定しており、このデバイス単体ではきちんとdeep sleepで電流を抑えることができていました。(といってもうちのテスターがmAオーダーしか測定できないので、1mA以下までしか測っておりませんが。)こういう怪しいデバイスもたまには楽しいですね。

  • 渡邊
  • 2019/02/10 09:44

ご報告ありがとうございます。>渡邊さん
こういった情報は助かります。一応、本家と似た感じで使えそうですね。
コメントを頂いて気になっていたので、ESP-WROOM-32の本物…かどうかはわからないですが、似たような基板をまたAliExpressから購入していじろうとしています。
自分が買うのはいつも怪しいデバイスばかりですが、値段を考えれば、遊ぶだけなら楽しいですよね。^_^

  • ねこ
  • 2019/02/11 21:12