PINE64(Ethereumのマイニング(プライベートネット)状況)

ここからは結果をメモしてるだけなので、あまり面白くない。

ただ、PINE64でEthereumを採掘するとこんな感じだった、という参考になればいいかと思っている。(自分用に)

現状はテスト用のネットワークだから、なんか動いてるな、というのが比較的わかりやすい。

 

では、採掘中のPINE64を一晩放置した結果。

 > eth.hashrate

0

…ハッシュレートが出てないんですが。

ここの数字が0以上なら採掘してるということなんだけど、これは動いてないということなんだろうか。

不安になったんで、miner.stop()と入れて、一旦止める。

各アカウントの状況を確認してみる。

 > eth.getBalance(eth.accounts[0])
25000000000000000000
 > eth.getBalance(eth.accounts[1])
0

んんん?採掘用のアカウントに、ちゃんと数字が出てる。もう一方は送金しないと0のままなので、これでOK。

採掘したブロック数も、少ないけど一応出てる。

 > eth.blockNumber
5

一応、こっそりとマイニングの稼働はしていたらしい。

 

もしかして、レートが1以下で表示できないか、たまに本気を出すタイプかもしれない。

採掘を再稼働して、しばらく様子をみてみると、

> eth.hashrate

110
> eth.hashrate
4
> eth.hashrate
0

ウチのPINE64はスタートダッシュが得意なタイプらしい。

 

他の方の採掘状況を検索して回ってみたけど、比べ物にならない数字が出てる。比べちゃいかんけど。

しかしハッシュレートが0だったんで慌てちゃって、アカウントに数字が入ってた感動がどっかに行ってしまったのが残念。成功したんだから、もっと感動したかった。

でもちゃんとマイニングできたということで、頑張ったPINE64ちゃんを褒めてあげたい。

 

で、プライベートネットとはいえ一応成果は出たし、自分としてはPINE64でいっぱい遊べたので満足。

この先Ethereumをいじるならマイコンボードの話から外れるが、PINE64でどこまでできるのか気になったのでもう少しだけ引っ張ろうと画策している。

Sponsered Link

コメント