Arduino ESP8266 WiFi Shield(その3)

ダメダメなことはわかっているんだけど、そういうの大好きなのでもう少し調べていた。
Arduinoのフォーラムにも記載があったので、参照。
 https://forum.arduino.cc/index.php?topic=356174.0
上記に記載されているリンク先にも詳細が載っていた。
ここはわかりやすい。
 https://medium.com/@manrick01/arduino-uno-esp8266-esp-12e-uart-wifi-wireless-shield-3a39858e5f25#.a9yxs7vzr 
これを書いた人も他のブログを参照しているようなので、意外と買ってる人って多いのかもしれない。

解りやすいページをいくつか参照できたので、自分も最低限のセッティングをやってみることにした。


FT232RLのモジュールでPC(自分の場合はMac)とシールドを接続。

接続した端子はTX、RX、GND、5V。

ディップスイッチの役割は、プログラムというかスケッチををシールドに書き込むか、Arduinoに書き込むかの切り替えということらしい。
1から4のスイッチを、OFF、OFF、ON、ONにしておく。


Arduino IDEを起動し、ツールのメニューからボードはNodeMCU 1.0 を選択。
(過去にこれをインストールしたこと無い人は、ツール→Board Managerから「NodeMCU 1.0 (ESP-12E Module) 」をインストールしておく)
参照している上記ページのスケッチをArduino IDEにコピペして、コンパイルしておく。
シールドのリセットボタンを押してから、書き込み開始。


…が、案の定書き込みできなかった。以下、そのログ。
 trying to connect
     espcomm_send_command: sending command header
     espcomm_send_command: sending command payload
 warning: espcomm_sync failed
 error: espcomm_open failed
 error: espcomm_upload_mem failed
 error: espcomm_upload_mem failed

そもそも接続できてないような感じ。

 

試しに、ESP-12Eのモジュールのピンに直接接続してみた。

すると書き込み成功。モジュールの部分には問題ないことは確認できた。

ただ、Arduino IDEのシリアルモニタに何も出てこないので、これ以上はどうしようもない。

いつものLanScanで見てみたけど、こちらも出てこなかった。

IPアドレスが出てればそこにブラウザで接続して、表示を見るぐらいはできるはずなんだけど、それも不可能。

 

それ以前にそもそもシールドとして使えないわけだから、どうしたもんだか。

もうちょい諦めずに調べて、使ってみるか…。

Sponsered Link

コメント