Pi-Top(その17)

先日作った新しいバージョンのPi-Top OSのSDカード、ようやく本体に挿して、起動を確認。
以前とは全然違って、起動がむちゃくちゃスムーズになりました。
キーボードやWifiの設定、最初のログインとかでやたら時間がかかることはなくなった。

最初の画面もかなり変わった。

なんかスッキリしたような感じ。

最初に出てくるチュートリアルはうっとおしい感じだったから、スキップしたかったけどよくわからなかった。

 

とりあえず通常のデスクトップに入って、以前と同じように日本語フォントをダウンロードして日本語環境を選択、再起動。
…したら、戻ってこなくなった…。
なので電源ボタンで強制終了、再び電源を投入したら今度は無事起動。
しかも通常のRaspbianのような、デスクトップ画面で起動しました。

最初の画面はどこに行ったんだ。

 

便利にはなったけど、ちょびっと不安が残る。
でも今のところは問題なさそう、引き続きPythonの勉強とかに使って行く予定。

Sponsered Link

コメント