Android上でBASIC

IchigoJamでBASICをいじってたら結構おもしろかったので、Android上でいじれるアプリを二つインストールしてみた。
情報というか、リンクのメモ。

片方は無料の。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rfo.basic&hl=ja
もう一方は有料。でもせっかくなのでお布施。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=and.bas&hl=ja
しかしどっちもアプリ名が似てて困る。

他にもありそうだったけど、ざっと検索したらこの二つが日本語ドキュメントが充実してたんで入れてみた。
まだあまり深く使ってないけど、なかなかおもしろい。
どっちもそれぞれの良さがあるけど、有料のほうは設定で環境をカスタマイズしやすいかな。

無料のBASIC!は海外のフォーラムもいくつかあるけど、日本語でファンサイトを運営してるところがあった。
 http://basic.amsstudio.jp/sp/
ここまで充実してるとすごく助かる。

有料のも詳細がまとめられてる。こまめに更新されてて良い感じ。
 http://androidbasic.ninja-web.net/indexj.html
BASIC自体をすっかり忘れてたので、入門のページがすごく役に立ちました。
 http://androidbasic.ninja-web.net/abcomj/guide2.html

昔のBASICと違ってスマホの機能を使うためのコマンド(…と言うんだろうか)があったりして、いじり倒せばなんか面白いものが作れそうな感じ。
引き続き使っていく予定。
Sponsered Link

AndroidタブレットでPSPのゲーム(その13)

PPSSPPがいつの間にかVer.1.2が出てた。2/14にバージョンアップしたらしい。
一応いつもの公式サイトリンク。
 http://www.ppsspp.org/index.html
1.0を超えてから、わざわざ確認してなかったんで気づいてなかった。

それはいいけど、Android版の評判がものすごく悪い。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=org.ppsspp.ppsspp&hl=ja
バージョンアップしたら起動しなくなったというレビューばかり。
そのせいか、公式にはさっそく「PPSSPP 1.2.1 is coming soon」と記載されている。
そういえば1.0になったときもこんな感じだった気がする。
インストール済みの人は様子見したほうが無難かな。
でも自分はバージョンアップしちゃったんだな…。しばらく起動しないでおくか。
Sponsered Link

Root化アプリ(いろいろ)

怪しいモノが多いので、メモ書きだけにしておく。
 http://guideroot.net/software-for-root-rights/
Root化のツール以外にも、リカバリ関連のも置いてある。
使い方は調べないといけないし、やっぱり自己責任で。

上記を見つけたのは、Discovery V10のRoot化を調べてたついで。
 http://guideroot.net/how-to-root-discovery-v10-firmware/
結局怪しいアプリに頼る必要がある。
あとでSuperSUに入れ替えようとしたけど、うまくいかなかったのでオススメしません。
今もまだRoot取れずに、そのままにしてあります。
Sponsered Link

Macのターミナルでadbコマンド

今更な話だけど、Macのターミナル上でadbがしばらく使えなかった件。
一応解決(?)したのでメモ。

MacにAndroidの開発環境を入れておけば、通常は使えるはずのadbコマンド。
 http://developer.android.com/sdk/index.html
以前は使えていたのでダメなことはないはず、と、いろいろ調べて、結局adbのバージョンが古いんじゃないかと考えた。
(以前はAndroid4.2までだったので)
 $ adb version
で確認すると、
 Android Debug Bridge version 1.0.29
と、出て来た。Android4.4以上は1.0.32でないと使えないので、これのせいなのは間違いない。

なのでAndroidStudioから、platform-toolsの内容をバージョンアップ。
これでターミナルを再起動してみてもダメ。
もう一度インストールしようと思ったけど、.bash_profileに記載されているフォルダと現在の「adt-bundle-mac-x86_64」のフォルダの場所が違っていることに気付く。
パスが通ってなかったのか!と思って、フォルダ名を修正したけど…まだダメ。

ふと、今までパスが通ってなかったのになんでadbが使えていたんだ?ということに気付いた。
試しにインストールされているadbのフォルダまで潜ってバージョンを確認してみると、
 Android Debug Bridge version 1.0.32
バージョン上がってるじゃん。

では今動いてるコマンドは、どこにあるのか?を確認。
 $ which adb
/usr/bin/adb

…なるほど。そういえば以前、インストールしたようなしなかったような。
これを捨てると他のコマンドも使えなくなり面倒なので、元のフォルダからバージョンの高いadbをコピーして上書きした。

これで無事adbをAndroid4.4以上でも使えるようになったけど、なんか面倒くさいなあ、自分で構築した環境だけど。
また時間があるときにでもじっくり修正するつもり。
Sponsered Link

NEXUS4のシステムアップデート(Android 5.1.1)

またNEXUS4のバージョンアップが降ってきた。
今度は5.1.1、微妙な数字。
この前バージョンアップしたばかりと思ったら、もう一ヶ月以上経ってたのか。
結構こまめに面倒見てもらってますね、この端末。おかげで改造しづらいです。
見捨てられたら別のROM入れてカスタマイズしたいところ。
Sponsered Link