WatchMaker再び

ふと思い出してやったこと。

だいぶ前に作ったWatchMakerのデータを、今のAndroid端末にお引越し。

WatchMakerというアプリは以下。

 https://play.google.com/store/apps/details?id=slide.watchFrenzy

自分は好きな盤面を作成できる有料版を購入している。

 https://play.google.com/store/apps/details?id=slide.watchFrenzy.premium

久々にAndorid端末にインストールしたら、かなりバージョンアップしていてよくわからなくなっていた。

ダウンロードできる盤面が有料ばっかりになってるし。

 

これを使って以前、BUMP OF CHICKENのG-SHOCKもどきを作っていた。

その時の記事はこれ

2年も前だったとは自分でも驚き。そりゃバージョンアップもするに決まってる。

が、作るときに参考にしていたフリーのデータ置き場がすでになくなっていた。

なのでもしフリーのデータをダウンロードしたいなら、以前Tipsを参照していたページで探すといい。

 https://www.watchawear.com

上記のメニューの「WATCHMAKER」「WatchMaker Face Free」からダウンロードできる。

ダウンロード前に、ライセンスに同意するところにチェックを入れる。

拡張子が.watchというファイルがダウンロードできるので、これをスマホに転送してアプリから読み込む。

(アプリのホーム画面、右上に「Import Watch」という項目)

あるいはGoogle+にコミュニティがあるけど(アプリ内にリンクがある)、そろそろGoogle+自体が終わるので、どうなるかが不明。

 

自分のMoto360にもWatchMakerをインストールして、久々に自分の作ったものを起動できた。

実は以前、バグというかちょっと表示がおかしくなったので使わなくなったんだが、バージョンアップしたところそれが治っていた。

しかしGifアニメをデフォルトでエクスポートしたけど、動きがおかしいぞ。

これは調整できるはずだけど、実際の使用には影響しないからまあいいか…。

 

あとデータをPCに転送しようとしたら、このWatchMakerのデータが入ってるフォルダがなぜか見えなかった。

(「BeautifulWatches」というフォルダ)

Mac上のAndroid File Transferを使ってるせいかな??これは謎。

一旦SDカードに移してから、中身をバックアップした。

Moto360自体古くなってきたけど、まだこの手のアプリが動くので大切にしたい。

Sponsered Link

ArduinoのLチカ用モジュール

かなり久々にArduinoで普通の使い方をした気がする。

Arduinoのパーツを買おうと思っていたわけじゃないんだけど、小さいモジュールを扱ってるところを見つけて、あんまり深く考えずについ買ってしまった。

ちっちゃいもの好きにはたまらない。

 

AliExpressにある「eletechsup Official Store」という店。

メインはリレーなど電源系のモジュールのようだけど、「Arduino_kit」のところに便利そうなLEDモジュールがあった。

Arduinoのデジタルピンに直接刺して使用できる。

チップLEDが6個乗ったやつをお試しに購入。その時は1.42ドルと安いのでつい気軽にポチってしまった。

(いつも思うんだけど、こういうのってShippingFreeで元取れるんだろうか)

 

動作確認に、販売先のページに記載されてるスケッチをコンパイルしてみた。

モジュールをデジタルの8〜13ピンに挿し、スケッチを転送するとLEDが順に点灯して、動作は問題なし。

ブレッドボードもいらない、とってもお手軽なLチカができる。

LED以外にもスイッチとか面白そうなものがたくさんあるのでまたここから購入してみたいけど、正直、なんかよくわからない商品も多い…。

 

本当のところ、このLED基板ならM5Stackに応用できるかな?と考えてた。

コネクタのピッチはもちろん大丈夫なんで上部のコネクタに刺さることは刺さるんだけど、GNDの位置がひとつずれる。

ひとつピンを潰せばいいんだけど、もったいないとも思ったり。

あるいはGNDの方をなんとかするか、また使い方を考えようと思う。

Sponsered Link

Android上でBASIC

IchigoJamでBASICをいじってたら結構おもしろかったので、Android上でいじれるアプリを二つインストールしてみた。
情報というか、リンクのメモ。

片方は無料の。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rfo.basic&hl=ja
もう一方は有料。でもせっかくなのでお布施。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=and.bas&hl=ja
しかしどっちもアプリ名が似てて困る。

他にもありそうだったけど、ざっと検索したらこの二つが日本語ドキュメントが充実してたんで入れてみた。
まだあまり深く使ってないけど、なかなかおもしろい。
どっちもそれぞれの良さがあるけど、有料のほうは設定で環境をカスタマイズしやすいかな。

無料のBASIC!は海外のフォーラムもいくつかあるけど、日本語でファンサイトを運営してるところがあった。
 http://basic.amsstudio.jp/sp/
ここまで充実してるとすごく助かる。

有料のも詳細がまとめられてる。こまめに更新されてて良い感じ。
 http://androidbasic.ninja-web.net/indexj.html
BASIC自体をすっかり忘れてたので、入門のページがすごく役に立ちました。
 http://androidbasic.ninja-web.net/abcomj/guide2.html

昔のBASICと違ってスマホの機能を使うためのコマンド(…と言うんだろうか)があったりして、いじり倒せばなんか面白いものが作れそうな感じ。
引き続き使っていく予定。
Sponsered Link

AndroidタブレットでPSPのゲーム(その13)

PPSSPPがいつの間にかVer.1.2が出てた。2/14にバージョンアップしたらしい。
一応いつもの公式サイトリンク。
 http://www.ppsspp.org/index.html
1.0を超えてから、わざわざ確認してなかったんで気づいてなかった。

それはいいけど、Android版の評判がものすごく悪い。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=org.ppsspp.ppsspp&hl=ja
バージョンアップしたら起動しなくなったというレビューばかり。
そのせいか、公式にはさっそく「PPSSPP 1.2.1 is coming soon」と記載されている。
そういえば1.0になったときもこんな感じだった気がする。
インストール済みの人は様子見したほうが無難かな。
でも自分はバージョンアップしちゃったんだな…。しばらく起動しないでおくか。
Sponsered Link

Root化アプリ(いろいろ)

怪しいモノが多いので、メモ書きだけにしておく。
 http://guideroot.net/software-for-root-rights/
Root化のツール以外にも、リカバリ関連のも置いてある。
使い方は調べないといけないし、やっぱり自己責任で。

上記を見つけたのは、Discovery V10のRoot化を調べてたついで。
 http://guideroot.net/how-to-root-discovery-v10-firmware/
結局怪しいアプリに頼る必要がある。
あとでSuperSUに入れ替えようとしたけど、うまくいかなかったのでオススメしません。
今もまだRoot取れずに、そのままにしてあります。
Sponsered Link