中華エフェクターのキット(中身チェック中)

カテゴリは一応楽器にしました。ジャンクというにはもったいない。
それとエフェクターキット、もうひとつはオーバードライブじゃなくてディストーションだった。どっちでもいいけど。

ざっと中身を確認してみたんですが、どっちも回路図が付いてない。組立図のみ。
動作しなかったり不具合あったときに確認するときはどうすればいいんだろう。単純な回路だから、部品実装間違い以外は想定してないのか。

基板にシルクで抵抗値等、定数が直接記載されてます。リファレンスじゃないのがすごい。

しかしガラエポ片面基板って久々に見ました、今ってこれが片面紙基板より安いんだろうか。

何がもっとすごいって、抵抗にひとつひとつ手書きで定数が書かれてる。

抵抗値ぐらい読めない人がこういうキットに手を出すことってなさそうなんだけど、そうでもないのかな。

 

突っ込んだら負けというぐらいにおもしろいのはともかく、穴の加工もしてあるシャーシがついて20ドル弱というのはお買い得。
(シャーシが未加工ならもっと安い)
最近は中国から安いエフェクターメーカーがぽこぽこ出てきてるんで完成品も30ドル程度で買えたりするけど、回路の勉強がてらパーツを自分でカスタマイズするのにこういうのはいいと思います。
ただ、中華エフェクターは完成品も回路は基本別メーカーのパクリだし、品質は部品の時点で既にちょっと…と言う感じなので、使い捨て前提かな。
しかしメインのICぐらい、ケースに入れるかスポンジに挿して欲しかった。足曲がるし。

 

ICだけはそれなりのものにしてメーカー推奨の範囲で正しく設計すれば、まあ悪くないエフェクターって比較的簡単にできてしまうもんだとは思います。
でも自分的には、だからこそ個人のガレージメーカーとかで個性的なエフェクターを生み出してる人たちに頑張って欲しいもんです。(もちろん老舗メーカーも)

Sponsered Link

続・ボタン式アコーディオンの教則本(その2)

レビューと言うか、内容についてちょっとメモ。困ったと言うか、気になったこと。
ベースボタンの配列にちょっと注意が必要。下は2巻のほうの記載。
ベースが3列になってます。自分が使っているFR-1xbは標準でベースは2列。
Vアコーディオンなんでベースの位置は変えられるけど、普通のアコーディオンの場合は要確認。
でも子供向けの教則本なんで、ベースをフルに使うところまでは行かないし、実際にはあまり問題ないと思います。
1巻のほうなんてオプション扱いだし。
内容は、やはり子供向けなので内容は薄いです。5000円以上出す価値があるかどうかは悩むところ。
でも本当の初心者にはとても優しい。練習曲が短めで飽きなくていい。

しかし文章がどうせ読めないなら(でも楽譜は読めるなら)、個人的には以前購入して紹介したのをお勧めします。
自分みたいな大人の初心者向けですね。
個人輸入しなくても、国内の通販で3000円程度。(これについてはむしろ海外から買ったほうが高いかも)
ぱっと楽譜を見ると難しそうですが、弾いてみればそうでもないです。
左手のコードが音符になってるせいで、複雑そうな印象はある。
でも押すボタンの指示を最初に図にしてあったり、指の番号も書いてあるしで結構助かる。
練習曲でコード二つ三つ使っただけで、なんか弾けた気がしてきます。これはVol.1なんで、続きのも買ってみたい気がする。
自分が上達してれば、だけど。

あとは以前Roland公式で配布してた無料の教則本が結構解りやすいんで、PDF版のやつ再アップしておきます。また1ヵ月ほど。
 http://fast-uploader.com/file/7017235496506/
Sponsered Link

続・ボタン式アコーディオンの教則本(その1)

今回はドイツから個人輸入したわけだけど、正直この手の書籍は国内の楽器店で購入しても、あんまり変わらない…気がする。
でも、この二冊に関しては(購入時には)安かった。
以前、楽天にある谷口楽器で見つけて紹介だけしたやつです。
良さそうだったんだけど、高くて躊躇していたらなぜかドイツのamazonで見つけた。
そのときは送料入れても二冊で5000円程度で、たまたま安かった。
フランスとかと比べて、クロマティックアコーディオンがメジャーじゃないのかも。

中身は全部フランス語です。自分は読めません。
しかし確かに文章よりも画像が多くて、読めなくてもまあなんとかなりそうな感じ。
全ページフルカラーで、ムダに豪華。紙の質とか印刷はイマイチですが。
関係ないけどイラストの動物が可愛い。
もちろん音階の表記もCDEFではなく、ドレミファ。

この本の綴じ代はリングになってるので、ファイルみたいに開きやすいのが便利。
CDは別売りで存在してるようですが、海外のamazonでも扱ってるところが少ないし、手に入れるほどでもないかな。
Sponsered Link

VアコーディオンとUSB接続

Vアコーディオンのベースコード配列に悩んでたら、こんなページを発見。
(個人のページのようなのでメモ書き)
 http://www.mikage.to/acmidi/acmidi.html
便利で良さそうだったので、さっそくUSBでMacと接続…したかったんだけど、空いてるUSBケーブルがなかった。
よくArduinoで使う、ABタイプのやつ。

せっかくなので、わざわざエレコムのちゃんとしたやつ購入しました。
でも300円ぐらいのやつ。
これだけじゃなくて、他のものと一緒にですが。

MacとFR-1xbを接続して、上記のURLを参照してFireFox用プラグインをダウンロードしてインストールしました。
ブラウザを再起動してアコーディオンを弾くと、ちゃんと認識されてコードが出てきました。これは便利。

ただ、このツールはFR-8xb用のため、左手ボタンの和音がそのまま出てきてしまう。
FR-1xbでは、MIDIのChord TX ModeをD-Modeにすることができないため。
でもある程度の判別は付くので、練習時には頼りになりそう。
Sponsered Link

伝説のハンドメイドアナログシンセサイザー (本)

久々に紙の本を買った気がする。(漫画と雑誌以外)
でもってかなり個人的にヒットな本だったので、紹介という名のメモ。

ポイント使ったけど、やっぱり高かった。でもそれだけの価値がある本だと思う。
アナログシンセの時代に自作機の思い出がある方には、とにかくぜひ読んでもらいたい。
基本は昔の記事を集めたものですが、再度編集されてわかりやすくなってます。
回路図を眺めてるだけでわくわくします、さっそく部品集めしたくなってくるんで困る。
Sponsered Link