インターフェース 2018年 9月号

雑誌購入履歴メモ。

半年前にも購入した気がするけど、久々に雑誌インターフェース購入。

今回はESP32の特集、これは買わねばと思った。

いつも通り、楽天ポイントで買いましたが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Interface (インターフェース) 2018年 09月号 [雑誌]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/8/3時点)

 

そういえば以前購入したやつも(Pythonの特集だったけど)ESP32の記事が多くて自分には重宝した。

今月はESP32ということで、当然M5Stackも記事になっている。

 

もちろんネット上で拾える情報も多いけど、雑誌としてまとめられてるとやっぱり欲しくなってしまう。

今回も会社で立ち読みしたら我慢できなくて買ってしまった。

わかってることも多いと思うけど、自分みたいに情報が多すぎるとパニクる人は、この手の特集で順を追ってESP32について勉強し直すのも良いと思う。

Sponsered Link

I/O 2018年 06、07月号

久しぶりに雑誌「I/O」を購入。

今さらだけど、在庫があったので6月号と7月号。

いつも通り、実際に買ったのは楽天BOOKからだったからそっちのリンクも一応。

(6月号は購入できなくなっていた)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

I/O (アイオー) 2018年 07月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/6/23時点)

当然M5Stackの記事目当てだったけど、6月号は最初の特集の後半のみ。

ただ、500号記念(だからと言って何もないが)ということで、ついでに買ってみた。

3ページのみだけど、フルカラーでArduino IDEで使用するところの基本中の基本が載っている。

それ以外に、自分的にはマイコンモジュール関連の記事が良い。

 

7月号からはM5Stackの連載開始。

しかし続けて買おうかどうしようかといった感じ。(紙の本なんで、かさばるのが嫌)

 

そういえばトラ技も買おうかどうしようか迷ってたんだった、KiCADの記事が気になる。

3Dプリンタ買っちゃったから軍資金がないのに、こういうちょっとした(?)もので出費が重なる。

困ったもんだ。

Sponsered Link

I/O 2017年 09月号

あんまり紙の雑誌は買いたくないんだけど、電子書籍で出てないから買わざるをえないときもある。

I/Oも毎回、電子書籍になってくれないかなと思いつつ、テーマがいつもいいもんだから結局買っている。

(大抵雑誌はポイント消費で買うんで安いんだけど)

で、届いた時に紙は紙で良さがあるなあと思うのも確か。

 

今回の9月号は特に良かったので紹介しとく。自分的にだけど。

自分が買ったのは楽天ブックスの方からだけど、それは何も関係ない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

I/O (アイオー) 2017年 09月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2017/8/27時点)

気になってたのはドローンの特集。

ちょうど安物のを知人が手に入れたので飛ばしてるんだけど、これが全然うまく飛ばない。

でも見てるとむちゃくちゃ面白そうなので、試しに買うか自分で作るか考えてた。ボディの3Dデータはよくアップロードされてるし、簡単なキットとかも普通に売ってるし。

で、ちょうどいいタイミングでこの特集があったので、読んでいるところ。

 

内容は作り方ではないです。

ドローンの特性とか法的な制限とか、たぶんもうドローンを飛ばしまくってる人にはわかってることが多いんじゃないだろうか。

自分は超初心者なもんだから、勉強になることが多くてなかなか面白く読んでます。

 

しかしこれを読むにつれ、やっぱり一万円以内のドローンじゃまともに動かすのは無理かなあと思う。

だけどどうせ運転が下手で最初は落としまくるんで、50ドルぐらいのを手に入れるのも悪くないよなあとも考えてる。

読んだ後では自分で作る選択肢は無しになってます。今のとこ。

Sponsered Link

CPUの創りかた、他

まだ新品で買えるのか!とびっくりして、ついポチッたもの。

初版が2003年、現在第24刷。名著として知られる一冊。

自分は楽天BOOKで買ったけど、取り寄せになった。今は在庫あるな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CPUの創りかた IC 10個のお手軽CPU設計超入門 [ 渡波郁 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/5/30時点)

この手の技術書が十数年経ってるのにまだ発刊され続けてるのは珍しいと思う。
自分はこっち方面に興味が無くて読んだことはなかったので、改めて楽しませてもらおうかなと手に入れてみた。
もう古いので部品が手に入りにくいから、さすがに今はもう組み立ててる人はいないかな。

 

そういえば、以前紹介したこともある初心者向け自作エフェクターの名著もメイドさんが表紙にいた。写真だけど。

たぶん表紙で敷居を低くしようとしているんだろうけど、別の方向で敷居が高くなっていると思う。


ちなみになんとなく「あれって今もあるのかな〜」と思い古い本を検索してたのは、猫に蔵書の一部をダメにされたため。
古い技術書が多くて今さら買いなおす気にはならないけど、懐かしさでちょっと惜しくなったのはLinuxの入門書。

これも当時評判が良かった一冊、もう発刊されてない。

あの頃Linuxの入門書に選択肢はあまりなかった気がするが、この本は素人にも解りやすかった。とてもお世話になった覚えがある。
今はネットで情報が溢れてるからそれ自体は検索すれば手に入る。でも人に理解させる力のある文章と、それが載ってる書物って本当に尊い存在だと思う。

このブログに書いてる文章は基本は自分のメモ書きだけど、誰かの情報源になるのなら、もうちょい解りやすく書かないといかんなあと感じる今日この頃。
(何より、書いた本人が見返して意味解らなくて困ることがしばしば…)

Sponsered Link

トランジスタ技術 2014年 01月号とか

買い物ネタばかりになっちゃいますが。
先日のエフェクターブックのついでにこんな雑誌も買ってきた。まあいつも通り。
今回のトラ技は充電器の話がなかなかおもしろそうだったのと、最近おまけのトラ技Jr.がお気に入りなので買ってます。
(ちょっとだけArduinoのモジュールの話もあるし)
こういうおまけが初心者向きというか、敷居が低くなってるのは悪くないと思います。
ただ、超初心者がトラ技をいきなり手にするか、と言われると謎。

インターフェースはここんとこずっとRaspberry Piを押してるんでうっかり勢いで買ったけど、個人的には映像処理はあんまり興味ない。
でも読み物としては面白かったからいいか。
しかし最近はなんかノリが軽くなってますね。

それにしてもこの手の雑誌ってどれも高い。
あと気軽に読むサイズじゃないんで、電子ブック化してくれると助かるんだけどな。
Sponsered Link