Desire Z(Sailfish OS化その後もうちょい)

苦労して改造したもんだから、しつこくSailfish OSでなんとか使おうとしてるんだけど、やっぱり不具合が多い。

でももう少しだけ、使ってみたところをメモしておくことにする。

あ、Sailfish OSのバージョンは2.0.4.13ね。

 

  • カメラはやっぱり使えない、バックもフロントもどちらも真っ暗なまま。残念。
  • それとBluetoothも、どうやっても起動できてない。
  • PCと接続した時に、一応充電のみかデザリングかとか選択できるけど、どうも充電しかできてない。少なくとも、スマホのストレージにアクセスはできない。
  • Android supportがインストールできない。というか、そもそもストアに出てこない。
  • 日本語化はできたけど、日本語入力ができない。

 

…という感じで、とにかく不具合が多い。普通使いにも難しいのが残念。

 

でもSailfish OS用のツイッター&インスタアプリはそこそこ使えた。

(完全じゃなくってちょっとだけだけど)

 

Tweetian

自分のツイートのみ表示ができない、ツイートはできた。

 

Prostogram

画像のアップロードができない、見るだけなら大丈夫そう。

 

それと上記のように、スクリーンショットを撮るためのアプリは問題なく使えている。

 

しかしどうしてもOS自体が重いから、画像を出すのに一苦労する。

そもそも古いスマホだからこんなもんか。

Sponsered Link

Desire Z(Sailfish OS化その後)

無事にSailfish OS化したその後。話は聞いてたものの、動作はきつい。
Jollaのアカウントにはログインできたが、ストアから自動でマイアプリを一気に落とそうとしたらしくエラーになってた。よけいなことしてくれなくていいのに。


それとJolla使いの人ならわかると思うけど、画面を横にスライドさせてアプリをアイコン化するとき、たまに途中で止まることがあるとかなりストレス。
(画面の縦半分ぐらいが別の画面になったままになる)
これについてはクロックアップのコマンドが書いてあったので、試しに実行。
本体のキーボードの設定をしてあればそれを使って入力できるけど、画面が通常のタッチキー入力のまま。

画面のキーボードを消す方法が解らないので、数字の入力にこっち使ったりとか上手いこと使い分けするのがいいかも。それはそれでBlackberry Passportっぽくていいんじゃないだろうか。(と、好意的にとってみる)
とにかくTarmialを起動、以下のコマンドを入力。
 $ echo 1516800 > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_max_freq
直後、劇的に使いやすくなった。
少なくとも画面の切り替えが比較的スムーズになったのでありがたい。アプリはあいかわらず重いけど。

 

その他、具体的な動作。
CM11になってカメラが直ったようなことが書いてあったけど使えない。起動するけど、画面が暗いまま。
これは一度CM11からインストールしなおしたほうがいいんだろうか?どうしても使いたいわけじゃないが気になる。
あとは最初の起動のときと違い、電源起動時に1〜2分ほど時間がかかる。ちょっとびびった。
日本語化はOK、動作には影響していない。

Warehouseがプリインストールされてるのが助かった。

 

でも通常のストアからでもインストールできないアプリがあったりするな。お天気アプリはインストールできなかった。
WifiテザリングはできたけどBluetoothが使えないとか、ちょこちょこ不具合がある。
やっぱりAndroidに戻そうかなあと思いつつも、キーボード付きのSailfish OSって捨てがたい。
もうちょいがんばってみる。

Sponsered Link

Desire Z(カスタムリカバリ)

結局カテゴリまで作った。なんとか使えるものにしようとしているところ。
最初の情報収集からずいぶん違った方向に回ってきたなあ。
公式ホームページからS-OFFしようとアカウント取ったのに、結局使ってない。


まあ最終的にSailfish OSにするにしても一度はCM11を入れないといけないので、とりあえずカスタムリカバリをインストールしようとした。

めんどくさくなってきたのでCWM Managerを使ってお手軽にCWMを入れたんだけど、CM11がインストールできない。
なんでかなと思ったら、CWMのバージョンが古いため。
CWM使ってROM焼きなんて久々だったから、互換性とか気にしてなかった…。

CM11にはCWM 6.0.4.8以上が必要とのこと。
 https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2561226
この辺りまでくると必要なファイルも手に入りやすい…かと思ったら、やっぱりリンク切れ。おい。

 

せっかくだから、上記のフォーラムでオススメされてる4EXT Recovery Touchというのを入れてみることにした。

過去にこのリカバリを入れたことがないし、面白そう。

ホームページからアプリをダウンロードしてインストール。

 http://www.4ext.net

「4EXTRecoveryUpdater.apk」の方。

 

アプリは通常通りにインストール。

その中からリカバリのイメージは2013年の12/31版をインストール。その後、起動し直してリカバリモードに入る。

デザインが結構かっこいい。

wipeとファクトリーリセットして、SDカードに入れておいたCM11のzipファイルをインストール。

以下からダウンロードしておいたもの。

 https://forum.xda-developers.com/htc-desire-z/development/teaser-vision-sailfish-os-1-0-8-19-t2885230

もうついでにSailfish OSのzipファイルも入れてしまった。

時間がかかるようなことが書いてあったけど、それほどでもなかった。

インストールが終わったらリブートして、普通にSailfish OSが起動した。

で、ここからセッティングが長い。また別途まとめてメモる(予定)。

Sponsered Link

Desire Z(S-OFF & root)

なんかダウングレードしただけで満足しちゃってだんだんめんどくさくなってきた。
それでも初心に戻って、rootは取る事にする。


ただ、これがまた必要なファイルがない。手順はいくらでも出てくるのに、困ったもんだ。
「HTC Desire Z root」で探して、xda-developersのフォーラム以外で見つけたところにファイル置き場が記載されてたので、それを参照することにした。
 https://tunesgo.wondershare.com/root-android/htc-desire-z-root.html
手動でroot化するほうを参照。
ワンクリックでroot化できるソフトの紹介がメインっぽいけど、そっちは探しても評判が出てこないので謎。

 

文章内にあるURLをコピペして、リンク先からファイルをダウンロード。
URLが2つあるけど、どっちかはADBのダウンロード先に行っちゃったから、インストールされて無い人は入れておけばいいと思う。

必要なのはg2_root.tarというファイル。
解凍して中にあるバッチファイルを走らせればいいらしいんだが、残念ながら自分はMacなのでコマンドをターミナルから打ち込んだ。
バッチファイルを見ればコマンドの順番はわかるけど、不安だったらいつものフォーラムを参照するといい。
 https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=905261
どうもroot取るだけじゃなくてSIMロックの解除までやっちゃう手順だったみたいだけど、特に問題はない。
(途中のコマンドでエラーが出てなければ)


再起動させればブートモードではS-OFFになっていて、通常の起動でアプリにはSuperSUがインストールされている。

結局最後まで必要なファイル探しに苦労した。見つかればそれ以外の問題はない。
しかしいろいろいじり回してるとアプリの動作がそれなりに重くて、やっぱり古いスマホだなあと思った。

Sponsered Link

HTC Desire Z(ダウングレード)

このまま使おうと思ってたけど、やっぱり古い端末だけあってカスタマイズしないとやってられない。
しかたないのでrootぐらいとってCWM入れるかと思ったら、古くて人気のある機種だったせいか情報がいろいろありすぎて逆に困った。

公式の方法でなくてもS-OFFやrootは取れるみたいな感じだったので、そっちを検索。

 

最初は以下を参照してrootを取ろうとした。
 http://pocketgames.jp/?p=8509
…が、結局、途中でTerminal Emulatorが上手く起動しなくなった。

なんか変だと思ったら、Desire ZのrootってAndorid 2.3.3では取れないのか。確認してみたら、現在みごとにAndorid 2.3.3。

ん?最初に購入した時に確かにOTA降ってきたけど、その後メインボード交換したんだけど…と思ったけど、どうだったっけ。忘れた。

 

どっちにしてもこのままじゃどうしようもないので、バージョンをAndroid 2.2に戻すことにした。

でもこれが大変。

参考にしたのは下記のファーラム。

 https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1178912

手順を追っていけば難しくはありません。問題なのは、「I - 4) Downgrading」の項目。

Desire Z用のPC10IMG.zipファイルがどこにもない。リンク切れ。

他のファイルは落とせるのに、これだけどこにもなくて探し回った。

最終的に、ロシアのフォーラムにリンクがあった。

 http://4pda.ru/forum/lofiversion/index.php?t194762-6900.html

上記のフォーラム内一行目、「1.34.405.4」がそれ。1.34.405.4_PC10IMG.zipという名前のファイルが落とせるので、これをPC10IMG.zipにリネームしてSDカードに入れて使用。

ブートローダで起動したら、無事書き込みが始まった。

その後、再起動させたらAndorid 2.2になっていた。

結局、一番大変だったのはファイル探し。情報が多くても、古いファイルがないというのは致命的。

たぶんもう使うことはないような気もするけど、一応ローカルにも保管しておこうかな。

Sponsered Link