FINOW Q1もどき(おまけ)

試しにQ1でポケモンGOを起動、一応動く。

あくまで起動できた、というレベル。画面小さくて大変だし、ポケモンが出てくる前にバッテリーがきつくなってるし。

最近のIngressは最初の起動時に下の方に了承のボタンが出てくるので、解像度を変えないとそのボタンが押せなくて起動できなくて困った。

ポケモンGOだとその手のボタンが常に中央に出てきてくれるので、起動時の画面はメーカーのロゴがはみ出てたりしますがそれ以降は問題ありません。

 

この手の位置情報を使用するゲームは中華スマホの性能チェックにいいけど、ポケモンGOはIngress以上に条件が厳しいのでありがたいような、困ったような。

そもそもAndorid4.4以上じゃないとインストールできないし。

古い中華スマホもなんとかカスタムファームを探して入れれば、起動ぐらいはできるようになるかな。

Sponsered Link

FINOW Q1もどき(その11)

ここ数日ポケモンGOに夢中になってましたが、プリペイドのSIMを購入してきたのでQ1に挿した。

ヨドバシカメラで、IIJのデータ用SIM。

サイズはNanoSIM。YotaPhoneにも使用できるし、データ用(SMSもついてるけど)で通信できるなら、今使ってる音声付きSIMも変更していいかなと考えてる。

元々アンテナが立たない中華スマホ用に音声付きSIMを契約したんで。

 

Q1の日本語はなんかおかしい。まあ一応わかるからいいけど。

Wifiとかネットワークの設定は、「設定」-「接続します」-「モバイルネットワーク」から。

アクセスポイントの設定は通常通り。

で、問題なく通信できました。

あいかわらず発熱はすごいし、やはりそれなりに速度は遅いので、通常使うのはやっぱり気が引ける。

だけどなかなか面白いので、ちょっと持ち歩いてみようと考えてます。

Sponsered Link

FINOW Q1もどき(その10)

Q1用のTWRPがアップロードされてる。
SP Flashtool使用。
 http://forum.xda-developers.com/smartwatch/other-smartwatches/finow-q1-smartwatch-t3384842/post67818353#post67818353


ただし、Q1のファームウェアはv160620であることが必須らしい。
その前に、Windowsマシンが手元にないから確認できないのが悔しい。
MacからParallelsでいけるかな、どうだろう。

 

それとわざわざD6では使用できないと書いてありますね。
ファームウェアが似てるので、なんかできそうな気がしてしまうのは解る。
でもやっぱり共通ではないということでしょうね。

Sponsered Link

FINOW Q1もどき(その9)

しつこくもうちょっといじったこと。

 

画面のスクリーンショットが撮れると便利なんだけど、その機能はないっぽい。
Button Saviorにはショートカットを登録できる機能があるんだけど、スクリーンショットを登録しようとすると何も出てこない。
正確には、ホームボタンを押しながらボリュームとかができないので選択できないようになっている。

 

しかたないので、いろいろアプリを入れて試してみた。
今のところ、これかな。

 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.app.dev.team.screenshot&hl=ja

ただ、Photoshopから画像が開けなかったのが気になる。

アプリが悪いのか、Q1に問題があるかわからないけど。

スクリーンショットもたぶん有料ならもっといいのがあるんだろうけど、いろんなアプリで実験したいので無料版のみ。

 

今のとこ、こんな感じ。

解像度いじってたら、アイコンがでかくなってしまった。

左下のはデフォルトで入ってた、アプリの履歴表示。これだけはちょっと便利。

Sponsered Link

FINOW Q1もどき(その8)

rootも取れたことだし、もう少しカスタムしていく。

 

昔MP108で使ってたBuild Prop Editorというアプリでbuild.propを編集してみる。

アプリは以下。
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jrummy.apps.build.prop.editor

上記を起動して、メニューバーを設定するqemu.hw.mainkeysという文字列を探す。

意外にも、ちゃんと記載があった。qemu.hw.mainkeys=1になってるけど。

これを

 qemu.hw.mainkeys=0

にして、リブート。

…したけど、メニューバーが出てこなかった。

画面の右端がちょっと空いて表示が狭くなるんで、おそらくそこにメニューが本当は出るんだろうと思われるけど、何も出てこない。

解像度を変えれば何とかなるかもしれないけど、これ以上狭くなってもあんまりメリットなさそうなので、これは見捨てることにした。

 

結局、以前別のスマートウォッチに入れていたButton Savior (root)というアプリをインストール。

 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.smart.swkey

似た名前の「Button Savior non root」はユーザー補助の設定ができないと使えなかった。

こっちはroot化してあればインストールしてすぐ使用できる。

デフォルトで画面上の右端に出てきたちっちゃいアイコンをタップすると、いろんなメニューが出てきてホームやバックもできるようになる。

 

しかしアイコンには出てくるけど、Q1でカメラとかは使えないのでアプリのカスタマイズもしたいんだけど、使い方を忘れてしまった。

バージョンも変わってるんで、また調べないと。

Sponsered Link