MacのPythonのバージョンアップ

やりたい事の流れで、MacにインストールされてるPythonをバージョンアップしたくなった。

デフォルトでインストールされているのが古い(2.7だったと思う)ので、せめてVer.3以上のを使いたいと考えた。

そしたら思ったより面倒だったので、やった事メモ。

 

作業はもちろんターミナルから。

普通にPythonのみ入れようとしたらダメで、まずpyenvをインストールする必要があった。

pyenvって何かと思ったら、pythonのバージョン管理を行うらしい。

 $ brew install pyenv

必要なPythonのバージョンをインストール。

 $ pyenv install 3.6.0

しかしここでエラー発生。

MacではOS 10.13でエラーが出るらしく、検索したらそのまんまのところがあった。感謝。

 https://qiita.com/kasama123/items/ab9eea7a9c42e3941a14

みんな同じようなところで苦労してるみたいで、ログを残してくれているのはありがたい。

上記の通り、コマンドを入力していく。

 $ brew install readline openssl xz

.env-exporterというファイルを作成。viエディタでもいいけど自分はいつもnanoエディタ。

 $ nano ~/.env-exporter

内容は以下。

# about zlib
export CFLAGS="-I$(xcrun --show-sdk-path)/usr/include"
# about readline
export CFLAGS="-I$(brew --prefix readline)/include $CFLAGS"
export LDFLAGS="-L$(brew --prefix readline)/lib $LDFLAGS"
# about openssl
export CFLAGS="-I$(brew --prefix openssl)/include $CFLAGS"
export LDFLAGS="-L$(brew --prefix openssl)/lib $LDFLAGS"
# about SQLite (maybe not necessary)
export CFLAGS="-I$(brew --prefix sqlite)/include $CFLAGS"
export LDFLAGS="-L$(brew --prefix sqlite)/lib $LDFLAGS"

これを保存。さらに動作するようにする。

 $ source ~/.env-exporter

ここで改めてインストール。

 $ pyenv install 3.6.0

たぶん、これで問題なくインストールできるはず。というか、できた。

 

最後に環境変数を設定しておく。

 $ nano ~/.bash_profile

.bash_profileファイルに

 export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

と、一行追記しておく。その後

 $ source ~/.bash_profile

 $ python --version

とすると、Python 3.6.0と出てきたので成功。

 

こうやってまとめると大したことやってないみたいだけど、あちこち検索して遠回りになって大変だった。

とにかく、これでPythonの3以上の環境が欲しい時に使えるようになって一安心。

 

なんでいきなりこんなことをやったかというと、前のM5Strackの書き込みができなくなったことが尾を引いてるんですけどね…。

ちなみにesptool.pyを最新にしてファームウェアを書き換えようとしたんですが、ダメでした。

この件も解決したら(するのか??)、やったことをメモに残す予定。

Sponsered Link

Ubuntu16.04から18.04へのアップデート

久々に手持ちのPCを起動したら、バージョンアップが必要なものだらけだったので、ついでUbuntuマシンもバージョンアップすることにした。

一応調べていたんだけど、なんかすごく時間がかかるとか聞いてたので、暇なときでないとまずいかな〜と思ってた。

 

まあ暑くて外に出る気もしない休日だったので、Ubuntuマシンを起動してコマンドからアップデート。

(そういえばもうとっくにapt-getじゃなくてaptでよかった)

 $ sudo apt update

 $ sudo apt dist-upgrade

 $ sudo apt install update-manager-core

この辺りで

 以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libllvm4.0 libllvm4.0:i386 libllvm5.0 libllvm5.0:i386 libqmi-glib1 libqpdf17

と出てきたので、一応

 $ sudo apt autoremove

としておいた。

けど、不要なパッケージはアップデート中に削除されるので、あんまり意味なかった。

で、最後に

 $ sudo do-release-upgrade

としたんだけど、

 update-manager-core はすでに最新バージョン (1:16.04.13) です。

と出てきて終わってしまう。

ちょっと調べて、結局

 $ sudo do-release-upgrade -d

にした。

オプションがdだと強制的に開発中でも最新のものを入れちゃうらしい。

でも問題なさそう(?)だったので、そのままアップデート。

 

途中で入力を求められることがあったけど、デフォルトのままにした。

使用できないパッケージは削除を選んだ。

待つこと1時間ぐらい。想像してたよりずっと早かった。

 

久々に見るなあ、このデスクトップ。

そういえばスクリーンショットって自分のPCでは「PrintScreen」+「Fn」で撮れた。

一緒に押すキーが「Alt」と書かれてる事も多くて、それで撮れないのでダメだと思い込んでた。

自分の環境によりけり、ということか。

 

後で気づいたんだけど、KiCADとOpenScadか消えていた…。ショック。

KiCADはこれから環境設定しようとしてたところだから、まあ良かったかな。

とりあえず、Arduino IDEは前のまま問題なく起動してます。

Sponsered Link

Ubuntu(16.04)にKiCADインストール

あんまり暑いので、家でゴロゴロするついでに前の続きでUbuntu端末をいじっている。

まずはインストールしたことメモ。

 

だいぶ前に買いたいと言っていたトラ技、結局買った。先月発売の7月号。

実際に買ったのは楽天BOOKからだけど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランジスタ技術 2018年 07月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/14時点)

どっちでも良いのでそれはともかく、読みたかったのはKiCADの特集。

トラ技にソフトの入ったDVDが付録で付いてるけど、それは置いといて本家のインストール方法を参照することにした。

 http://kicad-pcb.org/

と、思ったけど、よくあるUbuntu OSへのインストール方法で大丈夫だった。

 $ sudo add-apt-repository ppa:js-reynaud/kicad-4
 $ sudo apt-get update

 $ sudo apt-get install kicad

これだけだけど、ちょっと時間がかかったかな。10分ぐらい。

起動まで無事確認できた。

トラ技のDVDには開発版のVer.5も入ってるみたいだけど、とりあえずどんなもんかを見たいだけなので自分は普通のVer.4をインストールした。

 

後になってある程度日本語化できることも知ったけど、これはまた次回にするかな。

 http://kicad.jp

今は上記のチュートリアル、「KiCadことはじめ」を読んでます。

トラ技の記事が結構飛ばしてるもんで。

(DVDのムービー見れば良いんじゃないかとは思うんですが…なんか出すのもったいない)

Sponsered Link

Ubuntu(16.04)で音楽CD取り込み

ちょびっと躓いたことがあったので、やったことメモ。

 

古いCDの音源をMacで取り込もうとしたんだけど、外付けCDドライブを認識してくれなくなったのでUbntuの入ったノートPCを使うことにした。
RhythmBoxが入ってるので起動して使おうとしたんだけど、エラーになる。
(エラー内容を忘れたんだけど、データのコンバータが不足してたと思う)

解決策を検索していると、音楽CDのリッピングならRhythmBoxよりもAsunderがいいよという情報があった。
公式ホームページを見ると、本当にリッピングのみに特化してるらしい。
 http://littlesvr.ca/asunder/index.php
参考のスクリーンショットを見ると良く解る。
よけいな機能は不要なので、こっちを使って音源取り込みすることにした。

 

リポジトリに入ってるかどうか不明だったので、インストールは
 $ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/unstable
からやってみた。その後、いつも通り
 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get install asunder

で、インストール。

 

起動して試しにCDを入れてみると、まだ何の設定もしてないのに速攻で曲のタイトルが出てきた。
RhythmBoxと段違いの検索率で、コレは便利。
CD自体の認識も早い。

 

しかし設定でデータのフォーマットにMP3を選択したら、必要なアプリがないらしく選択できず。
これにはlameというアプリが必要らしいので、さくっと
 $ sudo apt-get install lame
としてみたら、インストールできた。
今回欲しかったのはMP3の音源のみだったので、これで解決。無事取り込めた。

 

Ubuntu上では音楽や映像の再生関連の使い方をあまりしないので、こういったアプリが充実してるとは知らなかった。
でもこんな感じで常に勉強せず、困ったときにしか情報収集しないからまずいんだなとちょっと反省。

Sponsered Link

Ubuntuで起動時のエラー

今まで意外とUbuntuの起動に失敗したことがなかったと思う。

今回初めてその手のトラブルに遭遇したので、(すぐ解決した割りには)自分的にはかなり慌てた。

いつものように今後のためにメモ。

 

前回のシャットダウン時に何かやったんじゃないかと思うんだけど、起動したUbuntuの最初の画面の代わりに変なエラーが出てきた。

もちろんしばらく待っても、いつもの画面が出てこない。

面白そうだったのでとっさにスマホで撮影。

でもよーく見ると、それほど大したことは書いてなかった。

とにかくマニュアルでfsckを起動してねということらしい。

コマンドプロンプトの代わりに「(initramfs)」と出てるので、この後にコマンドを入力。

こんな感じ。

 (initramfs) fsck /dev/sda1

リターン入力後、ひたすら出てくる(Y/N)にyを入力していったらそれで終わった。

最後はどうすればいいかわからなかったので、

 (initramfs) exit

としてみたら再起動して、無事通常のログイン画面が出てくるようになった。

 

今回のエラーはこれで治ったけど、別の問題があるときにはオプション付けたりディスクを指定したりと、コマンド入力時にもうちょい工夫が必要になるっぽい。

こういうエラーが出たら自分みたいに行き当たりばったりで対応するより、ひとまず「ubuntu fsck エラー」という感じでググると情報がたくさん出てくるんで、正しく修正する方法が見つかるんじゃないかな。

まあ今回自分の場合は運が良かったと思います。やれやれ。

Sponsered Link