Polaroid pigu(その6)

OTAが来なくても手動でシステムアップデートして問題ないとの情報を頂いたので、とりあえずアプリからアップデート。
特に問題なく終わりました、ありがとうございました。
最初のアップデート時に、CWMからrootを消してもいいかどうかのチェックがあったぐらい。
(Yesを選んだ後、自動でリブートした)

で、公式はいつの間にかV3.6まで出ていた。ついでなのでそこまでアップデート。
でも当然カスタムリカバリのモードは消えたので、また入れ直す必要がある。

というわけでアップデート後のリカバリを落とすためにneedRomのpiguのページを見てみたら、増えていた。
以前のリカバリ用のページ。
 http://www.needrom.com/download/polaroid-pigu-cwm/

V3.6用リカバリはTWRPが出てる。↓こっち。
 http://www.needrom.com/download/polaroid-pigu-easy-magic-twrp-2-8-2-0/

あと、OTAのアップデートファイルも上がっていた。
 http://www.needrom.com/download/polaroid-pigu/
試しに落としてみたら普通のupdate.zipファイルだったので、これをCWMで焼いても行けたかな。

Polaroid pigu(その5)

久々に、気になる点だけメモ。
結構気にしてはいるので、いいかげんpiguのカテゴリ増やしたほうがいいかも。

いろいろ見てたら、3月の頭ぐらいにシステムの新バージョン3.3のOTAが降ってきていた…らしい。
公式のツイッターに書いてあった。
自分のところには来てないなと思ったら、カスタムリカバリ入れてると来ないのか。
needRomのとこ見て初めて気づいた。
 http://www.needrom.com/download/polaroid-pigu-cwm/
しかも知らないうちにいろいろ増えてるなあ。

システムのバージョンを上げるには、一度戻さないといけないらしい。
このくそ忙しい時期に、正直めんどくさいと思ってしまった。
しかも自分のpiguはまだV2.7だった。
ざっと調べた限りでは、自分としてはそれほど重要なアップデートとは思えないのでスルーしてもいいかと思ったけど、どうだろう。
アプリがインストールできないものがあったときに考えるか。
(そして様子見の端末が増える)

Polaroid pigu(その4)

で、続きのメモ。
needromから落としてきたCWMを、FlashToolで焼いてこっちは成功。
丸ごとバックアップも取れました。ありがとうございました。

SuperSUもzipファイルを拾ってきて、CWMからインストール。
 http://download.chainfire.eu/695/SuperSU/
root化もOK。(その後購入済みSuperSu Proを普通にインストール)

で、インストールしたTitaniumBackupでシステムにくっついてる不要なアプリを削除。
ついでにUSBホストをチェック。自分的にはPocketDuinoを繋いだりするときに必要だと思ったので。
rootを取っておけばチェックがエラーでも使用可能にできる。(できないものもある)
Fixをタップして、両方OKにしたところ。
でも残念ながらPocketDuinoは使えなかった。
ちっちゃい端末だから、使えたら面白いんだけどなあ。

Polaroid pigu(その3)

コメント欄で情報をいろいろ頂いたので、そのメモ。
その前にMacのターミナルでコマンドからいじってみたんですが、どうしてもofflineになるのであきらめてWindowsの作業に変更。

直接rootを取るのは無理だそうで、CWMかTWMPを入れてからSuperSUを焼くことに。
なのでさっそく…と思ったところ、どうしてもUSBが認識されない。案の定、USBコネクタがおかしかった。
こういう場合充電だけは問題ないので、不具合があるかどうか解りづらい。

うだうだしているうちにネット上にpigu用CMWがアップロードされているとの情報が。
 http://www.needrom.com/download/polaroid-pigu-cwm/
これもさっそくダウンロード…と思ったら、needromのアカウントが消滅してた。
ここにアクセスするのも久々だったからなあ。アカウントも取り直し。

最終的にはUSBコネクタの問題だったけど、苦労したのがUSB VCOMドライバの適用。
これができないとFlashToolが使えない(と思う)ので必死。
最初に落としたドライバは自分の環境に合ってなかったので、下記の本家フォーラムから落として入れ直し。
 http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2206421
Windowsのデバイスマネージャーを起動しておいて、電源落としたpiguをUSB接続して認識した瞬間にドライバをダブルクリックして適用する。
(成功すればその旨表示される)
これができなくて、悩んで試しにUSBコネクタを変えたらすぐできた。結構疲れた…。

Polaroid pigu(その2)

最初にいじってみた感じ。
よく考えたら輸入モノでないAndroidスマホってこれが初めてだ。Made in china(PRC)には変わりないけど。
それによく売れてるみたいだから、レビューする人はたくさんいると思うので、簡単に。

とりあえず速攻でTowelrootを入れてみたけど、root化できず。カーネルが新しいからか。
あとはこれ↓を入れてみたけど、ダメだった。
http://www.mgyun.com/romastersu
どうもアプリじゃ無理そう、またツールを探して実験してみるか。

GPSはMTK6572のスマホとは思えないほどいい感じ。
比べるのもなんだけど、自分が持ってる中華スマホと比べ物にならない。それなりに位置情報を取ってくれる。
出先でIngressを起動してみた。(4ヶ月かかってもまだレベル6)
位置情報はともかく、画面が小さいとこんなに見辛いのか。
解像度も低いから、使えることは使えるけど結構厳しい。

ちなみにSIMスロットが2つあったので、両方挿してみたけど一応どちらも認識する。
もちろんアンテナが立つのは一つだけ。
なので入れっぱなしにして、どちらか一方を選択して切り替えるという使い方なら大丈夫…かもしれない。
SIM自体はSMS付きのデータSIMでも、音声付きのイオンSIMでも使えている。
APIの設定も登録済みで認識すれば自動で選択されて、海外のスマホと違って設定が便利で助かる。

あと、余談だけどSIMスロットですが二つあるうちの横向きのほうが要注意。
MicroサイズのSIMしか持ってなかったのでアダプタに入れて挿したところ、うまく入らずいったん引き出したら…二箇所出ている端子が外側に曲がりました。
指先で曲げ直して、今はちゃんと収まってるけど。危うく届いて一時間で使えなくなるところだった。
挿入時はいいけど、取り出すときは慎重に。(おかげで今、怖くて引っこ抜けない)
Sponsered Link