8086のエミュレータ(その2)

続きのメモ。

 

8086tinyの問題が解決しなかったので、今度はFreeDOSというのを使ってみることにした。
参照させていただいた記事は以下。
 https://qiita.com/tmiki/items/06ceac5e34d98ccf8a78
8086tinyの前に見つけていたもののイマイチやる気が出なかったのは、VirtualBoxを使うこと前提としてるため。
個人的にあんまり好きじゃない。(Oracleが)

 

とか言ってられないので、まずはVirtualBoxのインストーラをダウンロード。
今回もWindows環境。
 https://www.oracle.com/virtualization/technologies/vm/downloads/virtualbox-downloads.html
よくわからなかったので何も考えず、設定を一切カスタムせずにそのままインストールしてしまいました。

問題はここから、FreeDOS起動の準備。
公式からからFor most usersのStandard CD-ROMをダウンロード。
 http://www.freedos.org/download/
あとはその後最初の記事通りにVirtualBoxで新規の仮想マシンを作り、FreeDOSをCD-ROMのISOファイルからインストールする。

しかしやはり素直にインストールできなかった。


一応公式のマニュアルを参照。
 http://wiki.freedos.org/install/
CD-ROMファイルからの起動はできた。
が、最初の
 Install to harddisk
を選択直後、なんかよくわからない文字列の無限ループになって戻ってこなくなってしまった。

 

原因を探ると、同じような症状の人がいてあっさりと回避方法発見。
「Install to harddisk」を選択してtabキーを押し、一番下に出てきた行に「raw」を追記する。
 .linux /boot/syslinux/memdisk raw initrd=/isolinux/fdboot.img
これでリターンキーを押して、普通のインストールを行うことができた。
(途中でパーティションを作るときにリブートするので、その後も同じように追記する)
再度検索したら、追記は文字列の最後でも良さそうだった…まあちゃんと動いたからいいです。
 https://itsfoss.com/install-freedos/

 

途中のパーティション作成の画面は公式と違って、特に何もしないまま終わっちゃいました。
良かったのかどうかわからないけど、今のとこ問題ないです。
最後はパッケージのインストールで、
 Full installation with sources
を選択。

インストール完了後、VirtualBox上でいったん電源を切ってハードディスクからの起動を優先にする。
最初の画面、自分の環境ではデフォルトで「2」が選択されていて、そのまま起動しました。

あとは最初の記事を再度参照して、
 C:¥> FDIMPLES
でDevelopment等をインストール。
FDIMPLESはインストール時、「Full installation」ではなぜか起動しなかったので、「Full installation with sources」を再度入れ直しました。実際は不要だったかも。
起動もFDIMPLES.COMではダメで、.COMを外して起動できた。

 

多少(かなり…)手間取ったけど、なんとかそれっぽく環境を整えることはできた。
しかしやっぱりDUMPコマンドはないのか…と思ったら、MS-DOSのバージョンが違うのか。
この辺りの詳細を調べても当初の目的から逸れるので、FreeDOSでDUMPを使う方法を探した。
で、もうちょっと続く予定。

Sponsered Link

8086のエミュレータ(その1)

前のメモの続きのような、そうでないような話。

 

「はじめて読む8086」を読んでると、やっぱり実際に動かしてみたくなってくる。
しかしさすがに環境が古すぎて無理、と思ったものの、一応探してみたら、この手のエミュレータは存在してた。

最初に見つけたのは、8086tinyというちっちゃいプログラム。
 https://github.com/andreiw/8086tiny
検索していてなんでRaspberry Piで使ってる人が多いのかと思ったら、Raspbianのレポジトリに追加されてるかららしい。

Raspbian上ならaptでインストールできるようだ。

 

でもC言語で書かれているので、普通にgccでコンパイルできるだろ、と正直甘く見た。
先に結論を言うと、Windows10でのコンパイルはうまくいきませんでした。

(さらにUbuntu上でもうまくいってない…)

 

最初のエラーは

 8086tiny.c:18:10: fatal error: SDL.h: No such file or directory

  #include "SDL.h"

           ^~~~~~~

 compilation terminated.

だったので、調べたらグラフィックなどを動かすために必要な「SDL」というライブラリをインストールする必要があるとわかった。

でもインストールするのがめんどくさかったので、Mkefileを見てグラフィックを使わないコマンドを使うことにした。

が、それでもダメだったので、結局諦めました。今のとこ。

まだ解決策が見つかってないので、もしわかったらいずれメモすることにします。


ちなみにMakefileはLinux用なので使用しないつもりだったが、実はコマンドプロンプトでmakeコマンドを使えるようにもしてみた。
以下を参照させていただきました。
 https://qiita.com/tokikaze0604/items/e13c04192762f8d4ec85
でも結局使いませんでした…せっかくだし無駄ではなさそうなので、アンインストールはしないておこう。

 

その後本家の8086tinyとは別に、既にコンパイル済みの8086tiny plusというのを見つけたんでダウンロードした。

 https://jaybertsoftware.weebly.com/8086-tiny-plus.html

これだと既にexeファイルが出来上がってるので、Windows上で普通に起動できました。

 

ただ、デフォルトで入ってるファイルがどうも従来のものと違うらしい。

debugはできたけど、dumpはできない。

8086tiny plusはゲームとかのエミュレータを動かすことを前提にしているようで、「はじめて読む8086」とかの勉強にはちょっと不向きかも。

自分が全然わかってないので、環境が違いすぎるととっても困る。

 

というわけで、また別の方法を模索しているとこ。

ここで一旦区切る。

Sponsered Link

MacBook Pro

ただの日記。

 

1月2日のセールに釣られて、MacBook Proを買ってしまった。

前のiMacを購入したのはこのブログを始めてしばらくした頃だったかも。

昨年macOSをCatalinaにしたところ、いろんな動作がぐわっと重くなってもう限界だと思った。

 

いろんなものの開発環境はLinuxかWindowsにほとんど移行していて、使ってたiMacの良さはお絵描きするときの画面の広さ(21インチ)ぐらいだったので、イラストの仕事もしなくなった今となってはあんまりメリットはない。

使ってた一部のツールがMacだと良いかな、程度だったので、今回は13インチのMacBook Proを購入。

長年Macを使っていて、初めてのノートPCです。

13インチのMacって、自分が初めて買ったMacのモニタがそうだったなあ…と、しみじみ。

しかしApple製品はあいかわらず値段が高い。

これで軍資金が尽きてるんで、今月(来月もだろうな)はAliExpressとかから変なもの買うのは無理そうだ。

それでもモニタサイズを絞ったり、ストレージも前の半分以下にしたりとできるだけ安くしたつもり。

届いてからはこの二日間ぐらいで前のiMacのデータをMacBookに復元して、OSのバージョンアップで使えなかったアプリや今まで溜まったゴミを一掃して、使えるような状態にようやくできてきた。

 

で、使ってみた感想は…なんか使いにくい。(個人の感想です)

正直、こんなにめんどくさいPCだったかな?と感じてる。意外と設定することが多いし、USB挿したらすぐ使えるはずの機器が使えなかったり。

たぶん、これも慣れなんでそのうち気にならなくなるんだろうなとは思ってる。というか、思いたい。

物理的には、見た目小さくて可愛いしキーボードタッチは好きです。あと軽い。

 

最近は自分がWindowsとかLinuxばかり使っていてMacの稼働率が減ってきたので、そのうち完全に使わなくなりそうだな。

一度修理に出したことがあるものの、最後まで頑張ってくれた先代のiMacには感謝しつつ、初期化して下取りに出すことになってます。

…査定0円になりそうな予感。

Sponsered Link

あけましておめでとうございます。

3日になってようやく新年のご挨拶です。

年明けからBOOK OFF巡りしたりなんかいじったりして遊んでました。

 

 

引き続き、いろんなガジェットで遊ぶ一年にしたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

Sponsered Link

Mini ADB & Fastboot

久しぶりにスマホをカスタムしようと思ってWindows10のPCを起動したんだけど、新しいPCにはadbコマンドとか使える環境をインストールしてなかったことに気付いた。

だいぶ前にGPD WINに最小のADBの環境をインストールした覚えがあったんだけど、それはもう古いらしい。

なので久々にxda-developers.comから、最新の情報を検索。

 

で、見つけたのが以下。

 https://forum.xda-developers.com/android/software-hacking/tool-mini-adb-fastboot-2019-06-30-t3944288/

「Mini ADB & Fastboot」というのが新しく出ていた。

でも以前に使っていたやつと、結局は同じようなものです。

 

さっそくインストーラをダウンロード(上記のDownloadsの下から)しようとリンク先をクリックしたら、なんかトロイの木馬のワーニングが出てダウンロードできなかった。

他のところでも書かれてたけど、これは無視しても良いらしい。本当かどうかわからないが。

なので自分は試しにmirrorのリンクからダウンロードしたら、今度は問題なくダウンロードできた。でも気休めかも。

こういうのは自己責任で、というしかないです。

 

とにかくダウンロードしたものを起動して、あとはそのままインストールするだけ。

起動してみるとコマンドプロンプトの画面が出て、普通にadbとかのコマンドが使用できるようになっている。

それは問題なかったんだけど、スマホを接続して

 $ adb reboot bootloader

してみたときに、最初はちゃんとfastbootモードになったんだけど、二度目以降が効かなくなった。

(USBデバッグの許可のウィンドウが出なくなったせいかも)

adb devicesでは端末を認識しているようなので、どちらかというとスマホ側に問題がありそう。

また欲しいスマホが欲しくなってるところなんで、今遊んでるのを壊す勢いで原因追求しておきたい。

Sponsered Link