Teclast F5の周辺機器集め(コネクタ類)

もともとTeclast F5はM5Stackなど、ちょっとしたプログラムというほどでもないものをマイコンボードに流し込むのに使おうと思ってたので、それほどマシンパワーを期待してたわけではない。
が、バッテリーの持ちが悪いのがちょっと困る。
公式では動画再生で5時間持つようなこと言ってなかったっけ…。個体差かなあ。
値段相応なので今さら文句は言いませんが、3年ぐらいは壊れないで欲しいところ。

 

とにかくせめて使い勝手がいいようにと、いろいろかき集めてるうちでよく使ってるUSBハブがこれ。

TypeCのオスからUSB 2.0と3.0のメスが両方付いていて、自分的にはありがたい。
他の端子をふさぎたくないので、向こう側にひっくり返して使ってる。(どっちが上とかないけど)

挿すとちょびっと浮くので、ゴム足付けた方が良さそう。

 

あとはダイソーで買ったUSBケーブルが重宝してる。

同じ100均でも(近所の)セリアには無かった。
両方TypeC。特にM5Stackには便利。

もうちょっと短いケーブルでもいいんだけど、長さはこれしかなかった。

 

それとTeclast F5にはmicroHDMI端子が付いているので、同じくダイソーで変換プラグも買ってみた。

GPD WINですらminiHDMIだったのに、それより小さいmicroHDMI。

が、これは使えなかった。なんか、外部のモニタを認識してくれない。

もし解決方法がわかった方がいらっしゃいましたら、教えてください。

(単に、100均のじゃなければOKな気がする…)

Sponsered Link

Teclast F5

どうしてもWindowsマシンが欲しくて、ノートPC買いました。今回は新品で。
でも300ドル台の安いやつ。
前に書いた気になる中華Laptopの一つだった、Teclast F5。

AliExpressのTECLASTオフィシャルで購入。
値段がよく変動するので、できるだけ安いときを狙ったつもり。
最終的に日本円で4万円行かないぐらいの値段だったので、悪くないと思う。
(前に中古で買ったDELLのノートPCが3万円ですごく良かったんで、いつもそれを基準にしている)

 

特定記録郵便で届いたおかげで受け取りのサインは不要だったんだけど、結構デカい荷物だった。
梱包材ぐるぐるだったので、枕ぐらいの大きさになってた。

これ、宅配ボックスとかない家はどうするんだろう。やっぱり直接受け取りになるよなあ。

 

最初に思ったのが、想像してたより重い…。
いろんなレビューで軽いと言われてたので、期待しすぎてしまった。
でも薄いのは悪くないです、邪魔にならないし。持ち歩くには便利、もうちょい軽かったら嬉しかったけど。

画面がタッチパネルなので保護フィルムが貼ってあったんだけど、テカって見辛い。
反射しないマットなフィルムが売ってたら張り替えたいところ。

でもディスプレイ自体はけっこう鮮明で、見やすいと思う。

 

初期セットアップは終わっていてメニューは英語の状態だったので、日本語と通常のアップデートのみ行いました。
Windowsクリーンインストールは、まあいいか…という感じ。

 

余談だけど、TECLASTって日本向けの公式サイトがあったのか。
 https://teclast.jp/
紹介されているものも低価格。
個人的に、中華スマホもそうだったんだけど、この手の安い端末は自力でカスタムできる人向けかなあと思う。
(環境をいじってたらさっそく戻ってこなくなって、ちょっと焦った)
もちろん、動作はともかく安いのが欲しい、というならお勧めかな。

しかしさっそくLinuxマシンにしたくなって、うずうずするのと戦ってます…。

Sponsered Link

JUGEMブログでソースコード表示

あんまり深く考えずにJugemでブログレンタルしちゃったんで、今でもここで黙々とメモみたいなもんを書いてるけど、Jugemでもコードを貼り付けている人を見かけたのでどうやってるのか気になった。
当初購入したガジェットのメモ書きにしか使わないと思ってたから、まさかプログラムみたいなものを載せるようになるとは自分でも思ってなかったんだな。
それに普通の文章にその手のコードを書き込むと、やっぱり見辛い。

 

しかし検索するとあっさり見つかる。ここを参照させていただきました。
http://flyingcircus.jugem.jp/?eid=5
Jugemは一見融通が利かないように見えて、実はCSSの編集は普通にできるので意外と便利。

デザインするのがめんどくさければテンプレートもあるし。
(正直カテゴリが複数選択できないとか不満はあるけど、セキュリティなんかもあまり考えなくていいのが楽)


上記も元の参照先は以下になる。
http://wada811.blogspot.com/2012/02/bloggersyntaxhighlighter.html
そもそもコードを表示するための、SyntaxHighlighterというツールがあったのか。
普段目にしてるのに知らないことって多い。

これで過去のメモを読みやすく整備していく予定。

まずはテスト。こんな感じ。

//テストだよ
test1
test2
//以上

お試しなのでJavaを選択してみた。でもJavaは使わないだろうな。

最初なんで全部コピペしちゃったけど、あとでいらない言語は削除しておく。

 

記事も画像も増えすぎたので取捨選択したいけど、自分で自分の過去記事を読んでたら楽しくて結局削除できずに日が暮れてく今日この頃。

(有料のに入ってるんで、容量は問題ないんですけどね)

Sponsered Link

Mongoose OS(その4)

久々にMongoose OSの件。

やりたいことがあった&一応できたので、それについてメモ。

 

Mongoose OSでM5Stackを使えるという情報がツイッターにあったので、検索したらちゃんと公式のところにサンプルのコードがあった。

 https://github.com/mongoose-os-apps/example-m5stack-js

これはやってみるしかない。

と思ったんだけど、JavaScriptはわからないのでそもそも何するプログラムなのかわからない。

(いや、どのプログラム言語も初心者なんだけど)

でも見た感じ、AWS使ってクラウド経由で信号を送る…のかな。まあいいや。

 

とにかくLinux(Ubuntu)上でMongoose OSを起動して、M5StackをUSB接続。

デバイスはESP32を選択。

「import」からexample-m5stack-jsを落としてきて、まずはビルドしてみたんだけど…エラーになった。

この原因は不明なんだけど、前もそんなことがあったな。

よく見たら裏でアップデートをダウンロードしてたので、とりあえず最新のをインストールしてPCを再起動してみた。

 

再びmosで起動すると、今度はちゃんとデバイスとwifiを認識してるようだ。

接続が確認できてなかったのがまずかったのかな。

画像が小さくて分かりづらいけど、URLの記載されてる窓の下にデバイス名や、Wifiのアドレスが出ている。

(実は最初の起動時にはこれが接続中のままだった)

そういえば前回もちゃんとこの表示が出ていたかも。

 

この状態でフラッシュしたところ、なんの問題もなくM5Stackが起動した。

記念の画像。

ただしクラウドに接続してないので、この状態ではUSB経由でしかボタンに反応してくれない。

でもそこが売りなOSなので、実際に使うならそれを生かした使い方をしたいところ。

今のところ、サンプルプログラムでお茶を濁すことしかできないんでもったいない。

 

しかしM5Stackの話から離れようとしたのに、また戻ってきてしまった。

まあそれだけ使い勝手がいいからしかたないか。面白いし。

Sponsered Link

Mongoose OS(その3)

諦めきれずに、もうちょっとMongoose OSのこと。

同じように、Mongoose OSでのI2Cについて書いてる人発見。
 http://www.chaoticfocus.net/posts/2017/09/esp8266-using-i2c-with-mongoose-os/
最終的にはやりたいことが違うけど、とてもわかりやすいのでこれを参照に途中までI2Cについて確認してみる。

 

mos.yml内を確認。
 config_schema :
    - [ "i2c.enable", true ]

となってるので、I2Cを使用する状態になってる。
ライブラリも、libs:に
    - origin: https://github.com/mongoose-os-libs/i2c 
が入っている。問題なし。

 

デフォルトでSDAとSCLに使用するピンがちゃんと設定されてることを確認。
これはbuild/fs/conf0.jsonの中。自動的に追加されてるらしい。
    "i2c": {
        "enable": true, 
        "freq": 100000, 
        "debug": false, 
        "sda_gpio": 12, 
        "scl_gpio": 14

       }
記載されている通り、GPIOは12と14。
自分はNodeMCUのモジュールを使ったので、D6(GPIO12)にSDA、D5(GIPO14)にSCL。ここまでは確認できている。

 

んじゃ配線は問題ないよなあと考えて、ふとOLEDの設定の見直しを考えた。

元のinit.jsの中に、

 d.begin(Adafruit_SSD1306.SWITCHCAPVCC, 0x3D, true /* reset */);

という一文があるんだけど、Adafruit SSD1306ライブラリを使うプログラムでで良く見かける。

これはハード(というか解像度)の設定でアドレスが0x3Cに変わることがある。

なので試しに0x3Cにしてフラッシュし直した後、無事OLEDに表示が出ました。

結局、コードもライブラリもほとんど問題ありませんでした。

しかしトラブルがあって見直しをかける際、ビルド後のログとかも確認しやすいし、使いやすい開発環境だということは良くわかった感じ。

プログラムを修正して書き込み直ししたときに、また戻ってこなくなったことがあったので、ここだけはネック。

 

最近M5Stackに構い過ぎなので、こういうところでガス抜きしていこうかな。
(でも結局ESP32とかESP8266とか使ってばっかり)

Sponsered Link