JGAURORA A5(その5)

プリントも普通にできるようになって、だいぶ落ち着いてきた。

今度はMac版Curaの件。
自分は現在の最新のものをダウンロードしてインストールしています。
 https://ultimaker.com/en/products/ultimaker-cura-software
Ver3.3.1をMacで使用中。

ダウンロード前にいろいろ登録しないといけないけど、新しいバージョンが欲しかったらここを使うしかない…と思う。


それにしても今のCuraって日本語メニューにできるとは知らなかった。
わかりやすくってありがたいんだけど、今までの単語で覚えてると違和感があって初めのうちは戸惑った。
(でもいつでも英語メニューに戻せるので困ることはない)

が、それ以外は正直使いにくい。UIがじゃなくて、画面がスクロールしない。(スクロールバーが効かない)
普通にMac版のバグかな。


なので設定画面のスクリーンショットが一括で撮れないけど、見える範囲で現時点での設定はこんな感じ。

実際にはもっと細かく設定できる。

ただ今の環境では画面をスクロールしてくれないからチェック入れられないところが出てくるので、この程度。
だけどそこまで詳細に編集しなくてもいいと思う、前もそうだったし。

レイヤー高さは物によって0.2の時もあるし、インフィル密度も大雑把な時もあるし、結局のところ作成する3Dデータによりけり。

 

Gコードの設定はwikiを参照しました。
 https://jgaurorawiki.com/start-and-end-gcode
カスタムの余地があるなーと思うけど、現時点では必要最低限にしている。

今まで下からは熱が来ないタイプを使ってたから、設定がちょっとめんどくさいと感じてしまう。
むしろ加熱しなくてもいいんじゃないかなと思ったけど、保険として人肌弱ぐらいの温度にしている。気休め程度。
それと補助はつけたりつけなかったりしてる。作るもの次第。
土台があったまるタイプならスカート型の補助があったほうがよさそうだけど、うっかりスティックのり塗ったら食いつきが良すぎて剥がすのに苦労したので。

 

とりあえず一週間で、ちょっとしたものは出力できるようになった。
これから大きいものを作ってみたいけど、この季節、温度との戦いになりそうだ。

 

おまけ:国内のamazonに売ってる、同じもの(たぶん)。

絶賛するレビューがものすごく怪しいと思うのは自分だけだろうか。

Sponsered Link

Hisense A2 Pro(その2)

3Dプリンタのおかげですっかり放置されてるHisense A2 Pro。
ひっそりと、Wileyfox SPARK+の代わりに普段使いのAndroidに昇格しています。
しかし前のが軽かったから、すごく重く感じる。
でも確かに重いんだ、これが。iPhone7より厚みがあるし。画面が大きいのも原因か。

 

肝心のリア面ですが、使い勝手はYotaPhone2と似てる。おかげで個人的には便利。
YotaPhone2より画面広くて、電子書籍の活字が目に優しいのがいい。そもそも電子書籍のアプリが自由に選べるのがメリット。
koboだとkindleの書籍は読めないし、その逆も然り。

表示は漫画でも小説でも十分読める。

「なろうリーダー」というのを知ったので入れてみたけど、フォントをそのまま表示するアプリはやはりキレイ。

普段の自分の画面。デザインそのものはYotaPhone2のほうがかっこよかったな。

一応YotaPhone2と同じように、3分割してそれぞれにカレンダーとか時計とか出してる。
(使わないなら画像を貼ることもできる)
リア面に表側をそのまま表示して使用もできる。だけど活字はともかく、アイコンはぼんやりしていて見辛い。

これは電子ペーパーの質によるんだろうか、YotaPhoneのほうがまだ見やすかった気がする。

ちなみにリア面のスクリーンショットを撮ると、むちゃくちゃ画像が綺麗だけど騙されてはいけない。

リア面に移動するときの方法なんだけど、右下のアイコンをタップして回転のほうをタップ、その後スマホ自体をひっくり返す。

この動作が結構シビア。最初ひっくり返ってくれなくて、不良品かと思った。
でもいきおいよくひっくり返したら動作した。最近一発で動作するようになったので、ちょっとコツがいるらしい。
はたから見たら何やってんだこいつと思われるかもしれん。

(そこまで誰も気にしないか…)

 

しかし今AliExpressで検索してみると、300ドルをちょっと切ってるところも出てきた。

もう損したとか考えるとキリがないので、気にしないことにする。気になるけど。

AliExpress.com Product - China Hisense A2 Pro Dual Screen SmartPhone Snapdragon 625 Octa core Android 7.1 5.5" AMOLED 4GB RAM 5.2" Ink Screen 4G LTE

Sponsered Link

JGAURORA A5(その4)

今度は不具合対策メモ。

 

今さらだけど、専用のwikiページ。(非公式)
 https://jgaurorawiki.com/A5/
ちゃんとここ見て最初のセッティングをするべきだった。
ファームウェアのところを見ると、公式のは結構ひどい造りらしい。
 https://jgaurorawiki.com/A5/firmware

+10℃になるのを見越して、基本200℃にしてる気がする。それだったら温度が高くなるわけだ。
押し出し率も誤差14%って…むちゃくちゃ不具合多いじゃないか。
でも一応はアップグレード版と銘打ってあるわけだから、どこか良くなってる…と思いたい。

ちなみに公式ページはこっち。
 http://www.jgaurora3d.com/
ファームウェアのダウンロードもできる。意外と親切。

 

ファームウェアの書き換え方法を見てたら、Arduinoのスケッチなんで問題なさそう。
この手のプリンタではそういうの多いな。安く上がるし、何かあっても自力で修理できそうなのがありがたい。
でもまだ精度が必要なものは作ってないし、しばらくは様子見したいのでファームウェアはまだそのまま。

他に不具合の記述で気になったのはスピードが速すぎること。本体でっかいからね。
時間はかかるけど、Gコードの設定ぐらいはハイクオリティというか、ゆっくりめにしたほうが良さそうだな。

 

それよりThingiverseで検索すると出てくる、改善のためのパーツが興味深い。カスタムパーツが多くていいな。
 https://www.thingiverse.com/search?q=JGAURORA+A5

この中で、ファン用のダクトが気になった。必要な箇所に風を当てるのに役立つ。

 https://www.thingiverse.com/thing:2789066
そういえば前の3Dプリンタも、位置決めも兼ねたファン用カバーが付いてた。最近だいぶ溶けかけてたけど。

せっかくなのでプリンタの調整もかねて、お試しでダクトを出力してみた。


最初、間違ってSmallというのを出力してしまった。これは初期のA5用だったらしい。
しかも全部補助をつけてしまったので、中がぎっしり詰まったダクトになってしまった。意味無し。
なので土台との最低限の補助のみで再作成。ちょっと糸引き気味だったけど、最後まで出力できました。

ちなみに記載されてるようにResolutionは変更。0.25だと大きすぎる気がして、0.2にした。

でも0.2で出力しても形にはなった。途中で止まることもなくなったし、スライサーの調整って偉大だ。

 

で、作ったものの取り付け方がわからなかった。添付画像がみんな同じ側からだし…。

結局、ノズルのところを一度外さないと取り付けられないようなので、今回は見送り。まだ買ったばっかりなんで。

不具合が出たら使うことにしよう。

Sponsered Link

Everbuyingの閉鎖

3Dプリンタの調整で黙々とメモを書き綴ってる合間に、Everbuying.netからメールがやってきた。

6/18でお店をたたむそうだ。

ホームページはまだ存在してるけど、告知だけ出てる。

ちょうど10周年で閉鎖とはキリがいい。めでたくはないが。

 

ここ半年ぐらい更新なかったもんなあ、放置せずにちゃんと告知してくれたところは好感が持てる。

しかしあと3日しかない。もうちょっと早く連絡くれてもよかったと思うぞ。

 

自分が最後に商品を購入したのは今年の2月か。

その時にはもう十分ヤバいと感じてたので、今まで貯めてたポイントを全部消費した。

でもちゃんと物は届いたし、思い残すことはない。自分的には。

ここも中華パッドの購入中心によくお世話になった。

 

先日Focalprice.comも閉鎖の告知があったことだし(でもまだアクセスできるな)、ホントにAliExpressの一人勝ちになりそうで複雑な気分。

新しく買った3DプリンタもAliExpressでは高かったし、買う場所は選択の余地があった方が嬉しいんだけどなあ。

Sponsered Link