中華エフェクターの分解(Analog Delay)

AliExpressで20ドル以下の、謎の中華エフェクターを購入した。

以前エフェクターのキットを購入したことがあるけど、それが20ドルちょいだったんで、完成品なのにそれより安いやつ。

 

購入したのはこれ。SAPHUEというメーカー。

AliExpress.com Product - SAPHUE Electric Guitar Analog Delay Time/Mix/Repeat Knob Effect Pedal Mini Single Type DC 9V True Bypass

正確にはセール中にクーポン使って15.5ドル。

2000円以下でエフェクターが買えるとは、なかなかすごい。

 

いきなりこんなのを買ったのは、Analog Delayと書いてあったんで、もしかして安いパチもんBBDでも使ってないかなーと考えたから。

今はもうBBDのIC作っているメーカーはひとつしかないはずだったんだが、最近調べたらそのさらにパチもんを作ってるところが増えたので、また安く出回ってるっぽい。

 

貸し出してたエフェクターが戻ってきたんで、さっそく殻割りしてみた。

ネジとワッシャーを外すと、あとは簡単に基板を取り出せる。

すると予想とは全然違うチップが載っていた。

一番細長くてCD2399Fと書いてあるのはデジタルディレイIC。有名なPT2399のパチもんだった。

…まあ安いエフェクターだから、そんなもんか。

メーカーは謎だけどそれらしきデーターシートがあったんで確認したら、PT2399とピン配置もピン名称も同じなので間違いない。

 

SA571DはPHILIPSというかNXPのコンパンダー。

通常アナログディレイでBBDとセットで使われる回路だから、もしかしてコンパンダーがあるからそう名乗っているんだろうか。

突き詰めると、何をもってアナログディレイと呼ぶのか、という話になってくるなあ。

あとはTIのRC4558、普通のオペアンプ。

 

というわけで、BBDは使ってないけどディレイ用のIC以外はそこそこちゃんとした(?)ICを使っていた。

でも実際にギターと接続して出た音は、結構ノイジー。

これはこれで味がある、と言えるのかも。

 

それにしても気になったのは、この機構。

2つの基板を6ピンのピンヘッダだけで繋げてるんだけど、ジャックとエンコーダの足同士がかなり近くてドキドキする。

固定端子同士ならGNDだと思うんで良いけど、それにしてももうちょっとなんかスペーサー噛ませるとかできなかったんだろうか。

でもこれでかなりコストダウンできてるんだろうな。そこは普通にすごいのかも。

回路的にも機構的にも面白いんで、またなんか怪しい中華エフェクター買って分解してみたい。

Sponsered Link

ZK-80 組立てキット

海外通販が全然動いてない反動もあって、ここんとこ毎月aitendoで買い物している。

元々買う予定だった必要な部品と一緒に、つい面白そうなキットも買ってしまう。

それに全部まとめて買えば送料がお得なのに、なぜかいつも後から欲しいものが増える。

 

というわけで、先日購入したFoolish4やOrange4なんかの4bitマイコンが面白かったので、今度は8bitに手を出した。

懐かしのTK-80の互換機(完全ではないらしいが)、ZK-80。

 https://www.aitendo.com/product/18528

 

もうひとつ、こっちのミニ版も一緒に買った。

 https://www.aitendo.com/product/18628

 

どちらも電子ブロック工房のZK-80を元にしたaitendoオリジナル、ということらしい。

ピコソフト株式会社作成のZK-80もあるんだけど、そっちと違ってちょっとシンプル。

部品も少ないし、そもそもチップ部品もないので実装も楽。

 

先に大きい方のZK-80を組み立てた。左上のはミニのやつ。

aitendoオリジナルの方にはスイッチにキャップが付属していない。

買うときに気付いてたら、まとめて買っておきたかった…。

しかたないのでAliExpressで探して、それっぽい部品を注文してみた。いつ届くかわからないけど。

でも無くてもあんまり困らないパーツなので、失敗しても良いかなーという軽い気持ち。

 

しかし部品が少ないとはいえ、部品の実装は間違えちゃいけないんだが、やっぱりやってしまった。

7セグLEDにアノードコモンとカソードコモンがあるんだが、その配置を間違えた。

しかたないのでせっせとハンダ吸引機(手動のやつ)で除去して、無事引っこ抜いて実装し直しました。

SMD部品でなくて良かった。それと基板のランドに根性があったので、無理したわりにはパターンが剥がれずに済んだ。

 

その後の動作確認なんだけど、ミニの方は電源がMicroUSBだから問題ないんだが、大きいサイズの方はTypeAのメスの端子になっている。

そうなると両端子がオスになっているUSBケーブルが必要になって、探すのに苦労した。

でもいつの間にか持っていた。今回は助かった…。

 

現在、電源を接続してLEDが点灯するところまで確認できた。

ここからどう使うか、というのは全然考えてなかったので、とにかく電子ブロック工房さんのサイトを参照させていただいて遊ぶ予定です。

Sponsered Link

AliExpressで通販(3月末の通販待ち)

海外通販の現状報告。

もうすぐ6月なのに、3月末セールのAliExpressで購入したものがまだ一部届いてない。

ちなみに4月中に中国経由で発送されたものは問題ない。ついでに5月頭に購入したもので、追跡番号がない小さいものは届いてる。

調べていると、どうやら香港→シンガポール郵便経由の荷物が軒並み3月末辺りから動いていなかったようだ。

 

が、5月も終わり頃になって急に荷物が動き出したらしく、17Trackで追跡検索すると

 SINGAPORE, SINGAPORE S06, Dispatch from outward office of exchange
と出てくるようになった。
でもどの荷物も一斉に同じように動き出したので、日本に入ってくる時も大渋滞しそうだ。
早くてギリギリ今月中、遅くてやっぱり6月頭ということで、結局届くまで3ヶ月コースになりそう。
こんなことなら、M5Stackとかもっとたくさん買っておくべきだったか。

 

さらに現在届いてない荷物の中で、全く別の住所に届いてしまっていたものがひとつあった。
商品が届いてないのにレビューしてくれメールだけ届いてびっくりした。
もちろん速攻で「Open Dispute」。

 

すると拒否された上、返金は保証するので一度Open Disputeをキャンセルし、実際には返品しなくて良いけど「自己都合の返品」としてOpen Disputeし直してくれないかと連絡がきた。
理由は違うけど、前にあったのと同じ対応。
どうもあまり大きくない(?)セラーだと、クレームでOpen Disputeで返金することになるとかなり痛いようだ。
最近は向こうの都合で購入できないとOpen Disputeで返金請求してくれと頼むところが多かったので、そういえば本来はそういう使い方だったなと思い出した。


自己都合となるとこちらの評判が悪くなるわけだが(たぶん)、自分としてはあんまり気にしてない。
気になる人は粘って交渉した方がいい…のだろうか。それほどAliExpressでの買い物に影響ないと思うけど。

 

でもコロナの影響もあったりリチウム電池の取り扱いが厳しくなったりで、ここんとこ月一回はAliExpressでOpen Disputeしている。
以前だったら値段のメリットと差し引きで良い面が多かったけど、海外通販は今はあまり気軽にお勧めできないな。
自分はちょっとずつ国内の通販にシフト中。(モノによるけど)

Sponsered Link

トランジスタ技術 2020年 5月号(付録基板の件)

やってることメモ。

先日購入した、トラ技の付録基板用の部品キットその後。

せっかくチップ抵抗を再送してもらったので、せっせと基板を組み立てた。

 

で、完成…したのはいいんだけど、動作確認用の基板がなかったので、本誌の回路図を参照して自作した。

とっても回路図に忠実な部品配置。

トグルスイッチがなかったので、ディップスイッチをつかってしまった。

スイッチは4つ目はNCにしたけど、何か別のことに使い回せたら面白かったかもしれない。

それと電源(?)スイッチを追加。

 

基板に問題がなければ、こんなふうに入力と出力が確認できる。

テスト用の基板なんていらんだろ、と思ったけど、あるとやっぱり便利だった。

せっかく作ったんで、使い終わったらまた何か別のものに転用したい。

 

ブロックをひとつずつチェックしてみたところ、久々に1608サイズのチップ部品を半田付けしたせいか、まともに実装されている基板の方が少なかった。

芋ハンダだらけだったんでそれは直したんだけど、実際には端子とランドが接触してないもんだからLEDが点灯しなくて大変だった。最近挿入部品ばっかり相手にしてたせいだろうか。

結局、まだ二つのブロックのLEDが点灯してくれない。

チップLEDを壊したかと思って手持ちの別のを付けてみたけどダメだったんで、どうやら裏面のチップ抵抗の半田付けに問題がありそうだ。

 

これを直さないと、次にやりたい実験とかに不具合が生じる…かなあ、やっぱり。

でもホントに半田付けだけの問題なので、なんとか頑張って修正してみます。

Sponsered Link