Sipeed Longan Nano(その3)

サンプルのプログラムの修正続き。

と、思ったけど、やったことは前のと全然変わらなかったんで書くことあんまりなかった。

参考にしたURLの情報もあるのでメモっとく。

 

Longan NanoでBadAppleを表示させる方法は、公式だと中国語版のドキュメントしかない。

 https://longan.sipeed.com/zh/examples/badapple.html

でもこれでも結構わかると思う。感覚で。

 

Longan NanoのLite版で表示させるにはソースから書き換える必要があると書いてあったので、ダウンロードしてくる。

上記のドキュメントの最後にリンクがある。

 https://github.com/sipeed/Longan_GD32VF_examples

もしかして、あんまりおおっぴらにBadAppleの動画とは言えなかったんだろうか。

 

ダウンロードしたgd32v_lcdフォルダをPlatformIOで開いて、platformio.iniをLite版用に修正。

参考にさせていただいた、前のと全く一緒。一応書いておく。

 [env:sipeed-longan-nano]
 platform = https://github.com/sipeed/platform-gd32v.git
 framework = gd32vf103-sdk
 board = sipeed-longan-nano-lite
 upload_protocol = dfu
 debug_tool = sipeed-rv-debugger

ビルドするとちょっとエラーが出るけど、自分のPlatformIOフォルダのプロジェクトの中にちゃんとfirmware.binができてると思う。

 

書き込みはVSCodeから直接はなぜか自分の環境では無理だったので、GD32 MCU Dfu Toolから行いました。

書き込みが終わったらリセット。

 

put_into_tf_cardフォルダ内のはbadapple_demo.zipにあるのと変わらないはず。

2つともSDカードに入れて、Longan Nanoに挿す。

これで表示されるようになりました。

結局、2日がかりでなんとか使えるようになった…。疲れた。

 

しかしみんななんでこんな複雑なことがホイホイできちゃうんだろう…と、自分の不甲斐なさをしみじみ実感。

なんか動かなくて積み状態のボードも、こういう初歩的なことわかってなくて止まってるんだろうな。頑張るしかないか。

Sponsered Link

Sipeed Longan Nano(その2)

久々にハマって大変だったので、やったことメモ。

作業はWindows上。Mac版はなさそうだったので。

 

まずは簡単に以下のサンプルを実行してみようとしたところから。

 https://qiita.com/myston/items/ae0d93bd177e7ecf2e5a

ツールは以下からダウンロード。

 http://dl.sipeed.com/LONGAN/Nano/Tools/

その中の「GD32_MCU_Dfu_Tool_V3.8.1.5784_1.rar」をダウンロードして解凍。

GD32 MCU Dfu Driversを「管理者として実行」で起動し、インストール。(自分の環境は64bit版)

さらにGD32 MCU Dfu Toolを起動。

なんかウィンドウを触る度にうっかり「http://gd32mcu.21ic.com/documents/index/classify_id/7」が開くんだけど、無視。

 

ここでLongan nanoをPCとUSB接続。

接続時にBOOT0ボタンを押しながらRESETを押して…とか複雑で緊張したけど、どうもBOOT0とRESETを同時押しで接続して、RESETを先に離す程度でも大丈夫だった。

(不確かなのであまり大きな声では言えない)

DF Deviceで「GD DFU DEVICE 1」という表示が意外とあっさり出て接続成功。

 

次に画像用のデータをダウンロード。

 http://dl.sipeed.com/LONGAN/Nano/Firmware/

から、「badapple_demo.zip」をダウンロードして解凍。logo.binとbmp.binはMicroSDカードに入れておく。

GD32 MCU Dfu Toolの「Download APP program file」でbadapple_demo.binを選択。

「OK」を押して書き込み。成功。

…が、その後RESETを押しても起動しない。BOOT0のLEDが点灯したまま。

書き込みし直しても、リセットし直してもダメ。

 

これは失敗したかなと思い、さっさと切り替えて今度はLチカを試そうと今度は以下を参照。

 https://qiita.com/iwaoka1986/items/21f0f43c63e819d1d2d8#ide%E8%A8%AD%E5%AE%9A

しぶしぶVScodeにPlatformIOを入れるところから始めました…。

公式のドキュメントも詳細が説明されていて、かなり助かった。

 http://longan.sipeed.com/en/get_started/blink.html

ボードの情報とか初期設定を待つのに時間がかかったぐらいで、問題なかった。

 

でもサンプルをビルドするだけでエラー出まくり。

原因は、ウィルス保護のソフト(アバストセキュリティ)が邪魔しまくっていた。

なのでこのプロジェクトのフォルダを監視外に設定。

それでもまだエラーが出る。こんな感じ。

 

Invalid DFU suffix signature
A valid DFU suffix will be required in a future dfu-util release!!!
Cannot open DFU device 28e9:0189
No DFU capable USB device available
*** [upload] Error 74

 

なんかこれ、そもそもデバイスに書き込みできてない気がする。

 

ということで、ビルドしたファームウェアの書き込みにもう一度GD32 MCU Dfu Toolを使おうと起動して気付いた。

flashのサイズが64kBになってる。

これ、Lite版だ。ということは、platformio.iniの編集が必要。

前にツイッターで見かけて気になって、いいねさせていただいた情報が役に立ちました。

そのものズバリな情報で本当にありがたい。

ツイッターの画像を参照させていただいて、

 

 [env:sipeed-longan-nano]
 platform = https://github.com/sipeed/platform-gd32v.git
 framework = gd32vf103-sdk
 board = sipeed-longan-nano-lite
 upload_protocol = dfu
 debug_tool = sipeed-rv-debugger

 

で、Lチカできました。ありがとうございました。

 

しかしまさか自分がこれに引っかかるとは思ってなかった…。

あとはBadAppleの方も修正したので、これについてもメモしておくことにします。

Sponsered Link

Sipeed Longan Nano(その1)

とりあえずの買ったものメモ。

11/11セールでいっぱい購入したんだけど、その前にセール品でないものをいろいろ購入していて、それが届きつつあるのでなかなか整理がつかない。

その前に、整理しようと取り出したボードでつい遊び始めるもんだから、いつまでたっても終わらない。

 

それはともかく、少し前に発売されたSipeed Longan Nanoが届いた。

透明なケースのもあったけど、自分が購入したのは半透明のケース。

(ケース付きでないのもの買ってある)

一応Sipeedのマークが入ってるので怪しいものじゃないと思うけど、よくわからない。

公式だと透明なケースですよね。

窓にくっついてる丸い出っ張りが何かと思ったら、スイッチに使うやつだった。ちょっと便利。

 

試しにMacとUSB接続してみたけど、何も表示されなかった。

でもLEDは点滅してるし、壊れてない…かな、たぶん。

 

で、動作確認しようと思ったんだけど、PlatformIOの準備がめんどくさいなと思ったのでまだやってない。

 https://jp.seeedstudio.com/Sipeed-Longan-Nano-RISC-V-GD32VF103CBT6-Development-Board-p-4205.html

WindowsとUbuntuでVScodeを使ってるので、そっちで遊ぶか。

他にも、Sipeed Longan Nanoで検索すると面白そうなのが真っ先に引っかかる。

これ、いずれやってみたい。

 https://qiita.com/myston/items/ae0d93bd177e7ecf2e5a

 

積みボード化しないように頑張ろう。

Sponsered Link

M5StickC(その5)

簡単な動作確認メモ。

AliExpressのセールを待ちきれなくて、先月、いろんなものを購入した。

その中でM5StickCのHATを二つ新規購入したので、動作確認しようとした話。

(ついでにM5StickC本体も買い足した)

 

一つはBugCという虫みたいな動きをする(と思われる)やつなんだけど、サンプルコードがM5flow専用だった。

 https://m5stack.com/collections/all/products/bugc-w-o-m5stickc

 https://github.com/m5stack/M5-ProductExampleCodes/tree/master/Hat/BugC

なので久しぶりにUIFlowをやることに。

というより、M5StickCでは初めてだった。

 

接続方法は以下を見た方が早い。

 https://docs.m5stack.com/#/ja/quick_start/m5stickc/m5stickc_quick_start_with_uiflow

前はMac用のM5Burnerはなかったと思う。便利になった。

でもUIFlowのバージョンはWindows版の方が最新。

 

事前にgithubからデータはダウンロードしておいて、UIFlow上でbugc.m5fを開いた。

で、接続したM5StickCに書き込み。

無事に書き込めたはずなんだけど、なんか接続されてないってエラーになる。

これについては結局原因がよくわからないまま。

詳しいドキュメントも見つからないんで、まだ調査中。

 

もう一つはYun HAT。これはサンプルコードをUIFlow上から直接ダウンロードして書き込みして、すぐ使えた。

ツイッターに上げた画像がUFOかなんかみたいになってしまった。

LCDの表示はもうちょっとカスタムしたい。

でもこの派手なLEDは自分的には気に入ったんで、なかなか捨て難い。このまま使いたいところ。

しかし会社の机に置いとくには派手すぎるかな…。

Sponsered Link