Le Potato(その3)

動作確認もできたので、続き。
普通のLinuxマシンとして使うよりは、動画再生マシンにしたほうがいいんじゃないか…というのは前にも書いた。
良く見たらAndroidのimgファイルもあったので、これを入れてアプリから動画再生したら楽でいいじゃん、と考えた。
でもそれって要するにAndroid TVだな。

 

imgファイルをダウンロード。
 http://share.loverpi.com/board/libre-computer-project/libre-computer-board-aml-s905x-cc/image/android/
SDカードを焼き直して起動してみたところ…

ホントにAndroid TVだった。
しかしこのUIはちょっと前の世代っぽく見える。
(画像検索してみたら、2年ぐらい前のAndorid Boxに同じようなのが使われてた)

格安LCDも今回は制御基板ごと3Dプリンタで出したケースにいれてあるんで、ホントにタブレットっぽい。
思わずタッチパネルみたいに使いたくなる。


でもマウスを繋いだところ、認識されなかった。というか、カーソルがない。
…そうか、普通のテレビみたいにリモコンで使うようなUIになってるのか。
なのでUSBでキーボードを繋いで、矢印キーとリターンキーで操作。
認識できたし入力は問題なさそう。


Le Potatoにはwifiが付いてないので、前に使ってた余り物のドングルを挿したんだけど、認識されなかった。

OSのせいかハードのせいかは解らない。Linuxと違って融通利かなくて困る。

なので有線で接続して、ブラウザからGoogleストアを確認できた。

でもアプリのインストールまでできなかった。その前に落ちたり、インストールのボタンが選択できなかったりとか、あんまり安定していない。

そもそもデフォルトでGoogleストアがインストールされていないのが問題。

何か必要なアプリは事前にインストールしておかないとダメかな。

 

その前に動画の再生を確認したかった。

また別途、ストレージに適当な動画を入れて再生してみようと思う。

Sponsered Link

Teensy USB Board(動作確認)

夏休みだけど帰省もせずになんかやってます。

実際にはTeensyもどきだけど、結論を先に言うと一応Lチカはできたので引き続きこの名前にしておく。

 

ダメ元で、Arduino IDEで使えるように設定した。
設定方法は公式ホームページにあるけど、難しいことは何もない。
 https://www.pjrc.com/teensy/first_use.html 

まずTeensy Loader Applicationをインストール。
自分の環境ではMAC用。
 https://www.pjrc.com/teensy/loader.html
ダウンロードして開いたフォルダに入ってるアプリを、普通にアプリケーションのフォルダに置いておけばいいと思います。

試しに起動してみたら、最初MacのOSに合ってないという警告が出たけどアプリは最新なのでどうしようもない。
起動は出来ているので、これで様子見。

 

次にTeensyduinoのインストール。
 https://www.pjrc.com/teensy/td_download.html

こっちはインストーラーを起動してインストールする。

これもあまり考えず、Nextを押してたら終わった。
さすがに途中でAruinoのフォルダは選択したけど。

 

この後Arduino IDEを起動すると、ボードにTeensyが増えてる。
ボードを繋げて、今回は2.0を選択。

Teensyのときはシリアルポートの表示がちょっと違うけど、デフォルトで問題なさそう。
試しにボード情報を見たけど、表示しなかった。パチもんだからだろうか…。

 

サンプルスケッチも増えてた。ということは、Teensy用のスケッチでないと動かないのかな。
LチカしようとBlinkを開いたけど、USB接続した時点でボードのLEDが点滅してるんだな。

なので光りっぱなしになるようにスケッチを書き換えて、転送。
転送中にTeensy Loaderが自動で起動。ここでスケッチを書き換えてるのかな。
が、その後LEDが消灯…。エラーも出なかったのに。

何か間違えたかな?と思い、スケッチを元に戻して再コンパイルしたんだけど点滅しない。
やはりパチもんだとダメなのかと思ったけど、スケッチを良く見たら、LEDのピン番号が違っていた。
(スケッチの中に書いてあった、よくある話)
デフォルトでは3.x以上のバージョン用(13ピン)になっている。2.0では11ピン。

修正して再度コンパイル&転送したところ、ちゃんと点滅するようになった。
なので基本的なことぐらいは使えそう。
不安はあるけど、他のスケッチも徐々に試してみようかな。

Sponsered Link

Teensy USB Board

買ったものメモ。

正確には「Teensy USB Development Board」と呼ぶらしい。
 https://www.pjrc.com/teensy/
AliExpressでなんとなく購入したのはTeensy 2.0とTeensy++ 2.0。

マイコンボードを物色しているときに、つい手が滑った。(よくある話)
形状的に見てArduino nanoとかそういうのみたいに使えるのかなと思ったけど、その通りだったらしい。

 

で、上記の公式サイトを参照して遊ぼうと思ったんだけど、嫌な予感が。
 https://www.pjrc.com/teensy/counterfeit.html
思いっきり、この透明ケースに入ってたよ…。
(外箱は元々なかった)

後で気付いたけど、値段もかなり安かったので、これはパチもん決定。
買う前に調べろと自分でも思う。
個人的にはパチもん大好きだけど、解ってて買うのと元ネタ知らずに買っちゃうのとはやっぱり違うな。
現在は3.6までバージョンが上がってるんで、良さそうなら次は正規のルートで最新の買おうと思う。
 https://www.pjrc.com/store/teensy36.html

 

しかしなんでこんなマニアックなボードにパチもんが、と思ったら、昔PS3のハックにAT90USB162が載ったボードを使ってたからか。知らなかった。
実際にAT90USB162が使われてたのはTeensy 1.0だけど。
 http://suz-avr.sblo.jp/article/41835535.html
ニセモノはTeensy 2.0と言ってても1.0のスペックというモノが多いらしい。(と、公式に書いてあった)

 

買っちゃったもんはしかたないので、動作確認と使い道があるかどうかぐらいは模索しようかな。
ちゃんと成仏させてあげようと思う。

Sponsered Link

Hisense A2 Pro(その8)

とうとうカテゴリ分けました。
この端末はroot取ったりカスタムしてないのでカテゴリ作らなくてもいいかなと思ったけど、興味を持ってくれる方もいらっしゃるし、なんか妙なことが起きておもしろいのでメモしておく。

 

前から2つになって謎のままだったGoogleストアですが、最近3つに増殖しました。

2つになったときにはなんとかしようと考えたけど、3つになったらもういいや…とあきらめた。
見て解る通り、名称が「Google Store」と「Googleストア」になっててちょっと違う。
3つ目が「Googleストア」で、再起動してみたら消えました。
でも最低2つは常駐している。
Googleストア自体がアップデートしたときにエイリアスでも作っちゃうんだろうか。

 

あとカレンダーのアプリでトラップ。
プリインストールされてたやつはてっきりGoogleカレンダーだと思ってたら、この端末独自のやつだった。
アイコンそっくりだったから騙された。右が後からインストールしたGoogleのやつ。

これも名称が英語と日本語になってる。(「カレンダー」のほうがGoogle)
Googleストアとは違い、これは明らかにパクリの別アプリ。
でもシステムにくっついて削除できないので、片方を使わないでおくしかない。

しかもアイコンの日付が追いついてないのはGoogleの方。何が起きてるんだか。

 

SNSや電子書籍のビューワーをメインで使おうと思ってたけど、もう少し日常的な用途に使おうとすると妙なことに気付く感じ。

しかし300ドル以上出してる以上、もうちょいまともな使い方したいなと思わなくもない。

まだ使い始めてようやく2ヶ月程度なんで、引き続きいじくり回していきます。

Sponsered Link