UbuntuにVisual Studio Codeインストール

あんまりたいしたことはやってないけど、また後で検索するのも面倒なのでいつも通りやったことをメモしておく。

 

以前Windowsに入れたVisual Studio Codeを、Ubuntu環境にもインストールすることにした。

これがやることは別に難しくはないんだけど、なぜか方法がいろいろあってどれにするか悩んだ。

 

最初に参照しようとしていたのは以下。さすがQiita、なんでもある。

 https://qiita.com/yoshiyasu1111/items/e21a77ed68b52cb5f7c8

とても丁寧に、三通りの方法を説明していてわかりやすい。

さらに三通りもいらない人のためのリンクもある。

 https://qiita.com/yoshiyasu1111/items/e4db676e846897f8d554

さてどうしよう、と考えた末に、結局コマンドを入れる方法を使いませんでした。

 

最終的に参照したのは以下の方法でした。

 https://www.karelie.net/install-vscode-ubuntu/

ちょっと前の記事だけど、問題ないです。

公式のホームページ(https://code.visualstudio.com/docs/setup/linux)から、「 .deb package (64-bit)」をダウンロード。

ダウンロードフォルダにできたアイコンをダブルクリックしてインストールするという、Linuxらしからぬ方法を取りました。

当然起動は問題なく、そのまま日本語環境にしたりいろいろセッティング。

 

この方法だとバージョンアップとかパッケージの管理はどうなるのかとか、不安はあるけどそれも興味のうち。

(トラブルがあったらその時に調べればいいかなと思ってる)

せっかくWindowsっぽくインストールできたので、これで使ってみます。

Sponsered Link

Google Colaboratory(超初心者向け)

またなんか変な方向に興味が向いたので、メモしておく。

 

きっかけはM5StickVの画像認識関連で、以下のツイートが気になったこと。

実際にデータを作って試した人もいるけど、自分には何が何だかよくわからなかった。

(最後にM5StickVにデータを入れるとこぐらいはわかる…)

 

そもそもGoogle Colaboratoryって何?と思って検索して、自分の頭でもわかりやすそうなところを探しまくり。

検索してこちらの記事がわかりやすそうだったので、実践してみました。

 https://tadaken3.hatenablog.jp/entry/first-step-colabratory

Pythonも勉強できるし、ちょうど良さそう。

Jupyter notebookについてもまったく知らなかったんだけど、上記内のリンクからわかりやすい説明を参照できます。

でも難しい話じゃないんで、そのまま読み飛ばして大丈夫。

 

とにかく最初のページにアクセス。ただしGoogle Chromで。

 https://colab.research.google.com/

しかし該当するような画面にならない…なんでだ?

と思ってたら、もっと前の画面だった。

以下を参照。

 https://gammasoft.jp/blog/google-colaboratory-for-learning/

アクセスしてすぐの画面に出てくるウィンドウ上で、一番下に「Python3の新しいノートブック」という文字があった。

これをクリック。

 

あとは参照先の記事と同じようにセルが作成できるので、これにコードを書いてはShift+Enterで実行して確認、という作業ができる。

これは本当に簡単で便利。

でも最初だけ、実行にちょっと時間がかかるかな?という気がした。これは自分の環境の問題もあるかも。

一度この作業をすると、「ファイル」タグのところから「Python3の新しいノートブック」や「Python2の新しいノートブック」を開くことができるようになっていた。

 

とりあえずセルの使い方というか作成方法はわかったので、気になるコードをコピーしてくれば自分のところで実行して確認するという作業は可能になった…と思う。

不安なので、もうちょっといろいろいじってからにしよう。

(で、自分の宿題がどんどん増える…)

Sponsered Link

トランジスタ技術 2019年9月号

買ったものメモ。久々にトラ技購入。

もちろん現時点での最新刊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランジスタ技術 2019年 09月号 [雑誌]
価格:849円(税込、送料無料) (2019/8/18時点)

最近GPUに興味が出てきて、いろいろ知りたかったのでちょうどよかった。

ただ、夏休み前にとっくに買ってたんだけど、体調崩して全然読めてなかった…。

読もうとすると目が滑るというか、頭に入ってこなかったというか。

 

しかし実際に購入したのは電子版。

 https://cc.cqpub.co.jp/lib/system/doclib_item/1235/

自分的に、トランジスタ技術初のPDF版購入。

普通に紙の書籍を購入してもいいんだけど、最近インターフェースをPDF版で買っていて、持ち歩けるし意外と読みやすいしで重宝してるので買ってみた。

 

内容は紙のと同じはずなんだけど、広告のページがカットされてる。

なので表紙もこんな状態。

最初に開いてこれだったんで、ダウンロードに失敗したのかと思った。

表紙だけでなく、中のページも広告のところはカットされてるんで、だいぶページが少なく感じます。

 

あの広告がないとトラ技じゃない、と思っちゃう人にはPDF版より紙の雑誌ですね。

(そんな人がいるかどうか謎だけど)

Sponsered Link

夏風邪ひいてました

ただの近況報告。

せっかくの短い夏休みですが、ここ数日風邪引いて寝込んでました。

届いたおもちゃもぜんぜんいじれない状態。こんなのは数年前のインフルエンザ以来です。

徐々に回復してきたので、またいろんなことをメモっていきます。

Sponsered Link