8086のエミュレータ(もうちょっとおまけ)

これももうだいぶ前の話になったけど、もう少しだけ自分用にメモしておく。

 

前回、「はじめて読む MASM」で使用するのはMASMのバージョン3か4ぐらいのディスクに入っている4ファイル、とメモっていた
本書にそう書いてあったのでそれは間違いじゃないんだけど、実際にはあともう一つ
 EXE2BIN.COM
というファイルも必要。
ただ、これはMS-DOSのシステムディスクに入っている、と記載されている。

なのでFreeDOSで使うときは、どっかからダウンロードしないといけないのかと思ったけど、試しにexe2binと入力してみたら、オプションとファイルをどうするかとかの、よくあるヘルプが返ってくる。
すでに入ってた…。


起動後、FDIMPLESによる各種ツールのインストールの時に「Base」にチェックを入れていれば、その中に入っているのでインストールされている。

自分はそのときは全然気付いてなかった。たまたま入れただけ。

 

もしMS-DOSのシステムディスクが必要だったらと一応調べておいたんだが、こちらも以前MASMをダウンロードしたサイトから入手できる。
「はじめて読む MASM」では前提としているMS-DOSのバージョンが2.11以降だそうなので、以下の辺りから。
 https://winworldpc.com/product/ms-dos/2x
バージョン2.11ってこんなにいっぱいあるのかとびっくり。
今回の場合は、必要なのはEXE2BIN.COMのファイルだけなので、どれでもいいんじゃないかという気もする…。
(端末の違いがあるので、もちろん断定はできない)

残念ながら年寄りのくせに、自分はこの頃のパソコンのことはよくわかりません。

 

ついでに、FreeDOSは昨年末にバージョン1.3が出ていた。
現時点ではまだベータ版。

 http://wiki.freedos.org/wiki/index.php/Releases/1.3

今やりたい範囲ではバージョンアップは特に必要ないけど、正式に新しくなった時には試してみたい。

Sponsered Link

BareMetalで遊ぶ Raspberry Pi、他

ここ一か月ほど実家と自宅を往復していて、なかなか腰を据えてガジェットをいじれない。
それ以前に中国からの荷物がいつにもまして全然届かない。
なのでとりあえず、最近購入した電子書籍とかのメモ。

 

2014年に発表された本なので、ちょっと古いけど面白そうだったので購入。
同人誌ですね。
https://tatsu-zine.com/books/raspi-bm
表紙に騙されちゃいけない系。
(コアな技術書にありがち)

 

だいぶ前からベアメタルなプログラミングが気になって、いろいろ情報を漁っていた。
自分の知識が全然ないので、単に興味が出たのでわかりやすいものがなんかないかなーと探してたらRaspberry Piでの方法があるらしい…ということを知り、たどり着いた。
初代Raspberry Piが積みボード化してるので(他にもいっぱいあるけど)、せっかくなので遊べたら面白いかなと思ってる。

まあ簡単にLチカぐらいできるのかな?いうレベルだったんだけど、読んでいるとなかなか複雑で面白い。
ネットで調べるのもいいんだけど、こうやって本としてまとめられてるのはやはり助かります。

 

検索していたら以下のブログでも詳しく調査されていて、これはいい勉強ができそうです。
https://blog.boochow.com/article/454882088.html
MicroPythonはちょくちょく使ってるのでわかりやすそう。
Interfaceもバックナンバーが欲しいと思い、中古で探しました。

公式のPDFだとCD-ROMが付かないので、それでも良ければ…と思ったけど結局今回は古本を購入。

 https://interface.cqpub.co.jp/magazine/201702-2/
文章だけはタブレットで読むと楽だから、また別途購入予定。

 

落ち着いたらゆっくり読もうと思ってるけど、他にも実はいろいろ買い込んでいるのでいつになるやら、です。

(いつものことだけど)

Sponsered Link

ATOM Matrix(ちょっと気になったこと)

M5Atomでちょっと気になったことがあったので、メモしておく。

 

Arduino IDEでAtomのサンプルスケッチが動かない、という話を聞いた。

けど、自分のところでは動いたよなあ??と思って、再確認。

前回書き込んだのは「Buttom」というスケッチ。それは普通に動いてる。

 

で、今回はAtom Matrixに「LEDDisplay」を書き込みした。確かにこのスケッチは表示しない…。

と思ったが、YouTubeにあるマニュアルを見ると、どうやら他のデータが必要なようだ。

 https://www.youtube.com/watch?v=2f4biAfvC_M

そのデータを作るのに、「Atom pixel tool」というのが必要。

しかしよく見たらgithub.com/m5stack/M5AtomのIssuesに、Atom pixel toolにウィルスが入ってるんじゃないか?ということが記載されている。

ホントかどうかわからないが、このツールを使うのはもうちょい様子見したほうが良さそう。

自分も入れてみる勇気がないです。

なので、他のスケッチを使う。

「LEDSet」はそのまま書き込みしただけでは、ドットが端っこに一つしか表示されていない。

でもスケッチの

    M5.dis.drawpix(0, 0xf00000);

のみのところを、動画の例と同じく

    M5.dis.drawpix(1, 0xf00000);
    M5.dis.drawpix(3, 0xf00000);
    M5.dis.drawpix(10, 0xf00000);
    M5.dis.drawpix(14, 0xf00000);
    M5.dis.drawpix(16, 0xf00000);
    M5.dis.drawpix(17, 0xf00000);
    M5.dis.drawpix(18, 0xf00000);

というふうにしてやると、ニコちゃんマークっぽいものが表示できる。

ちょっとめんどくさいけど、表示するだけならこれでも良さそう。

あとはボタンを押すと色が変わるようになってるので、そこのドットの位置も書き込めば完成。


ちなみに「MPU6886」はシリアルモニタで確認できるということなので、書き込んでみたところ何かしら表示されていた。

動きはよくわからないけど…。

 

それと、書き込みのボードはM5Stick-Cを選択するのが正しかったらしい。他のでも動いたけど、念のため。

 

とにかく自分の持ってるM5Atomは壊れてない、ということは確認できたかな。

あとはもっと遊べる方法を探してみます。

Sponsered Link

ちょっと復活

(自分にとっては)長いこと更新停止してましたが、そろそろまたやったことをグダグダとメモし始めようかと思います。

実家の方は一向に片付いてないので、以前のように更新するのはまだ先になりそうです。

そもそも何かガジェットをいじらないと、メモすることがないので…。

Sponsered Link