Arduino Sketch for STM8 Development Workshop

買い物メモが続く。

STM8関連の書籍はあまり見かけないんだが、自分の守備範囲にぴったり合った本があったので購入。
過去にもこの方の著書はよく買ってる。

値段がKindle版だったらちょびっと安かったけど、普段koboで読んでるからしかたない。
Kindleの辞書機能も良さそうだから、いずれ買ってみたい。

でも結局クーポン使って実質安かったので、まあ良しとしておきます。

 

内容は、Arduino IDEでSTM8用の開発環境を作って簡単なスケッチを動かすという、よくある流れ。
そもそも、Sduino以外に公式でSTM8がArduino IDEで使えるというのを知らなかった。
STM32なら知ってたが、要するにやることはSTM32とあんまり変わらない(気がする)。

ちなみにSTM32のもあるので(もちろん購入済み)、読み比べてみようと思う。

英語ダメダメなので辞書で訳しつつ読んでるもんだから、むちゃくちゃ歩みが遅いです。
あとこういうのもある。

この手の書籍はまとめ買いしてます。

 

で、読み進めてる途中なんだけど、そもそもここで使ってるSTM8の載った基板はいつものちっちゃいアレじゃない。
STマイクロで出してる、NUCLEO-8S208RBというまともなボード。

 https://www.st.com/content/st_com/en/products/evaluation-tools/product-evaluation-tools/mcu-mpu-eval-tools/stm8-mcu-eval-tools/stm8-mcu-eval-boards/nucleo-8s208rb.html

実はこれが出てたのも知らなかった。
調べると結構情報出てくるなあ。発売されたのが去年の秋ぐらいだから、STM32のシリーズと比べると新しいほう。

この本の情報がSTM8S103F3P6で使えるかわからないし、他ので代用できるかもしれないけど、それはそれとしてこのボードは手に入れておきたい。
また欲しいものが増えてしまった。(我ながら物欲のかたまり)

Sponsered Link

Xiaomi Mi8 Lite

先日届いたものの中身、ちょっとメモ。

 

Nokiaの6インチスマホを購入した際、実際に見たら自分も大きい画面のが欲しいなーと思った。
単に思っただけで特に使い道もなかったんだけど、そこにちょうどBanggood.comからXiaomi Mi8 Liteが期間限定159.99ドルで買えるというメールが来た。
200ドル超えないならいじってカスタマイズしても大丈夫だろうと、ついポチってしまった。
なんだか最近、セールのメールにとても弱い。
今回は輸送の保険も付けたので、日本円で2万円近くなって結局(自分にとっては)高い買い物だった。

 

ちゃんとグローバル版なので、Googleストアは入ってる。

普段使い用ではないのでストレージが64GBでも問題ないだろうと購入。あんまり面白いというスマホではないが、Xaomiは相変わらずコスパは良い。
画面サイズが6.26インチなので、先日買ったNOKIA 8.1の6.18インチをちょびっと抜いた。


実は直後にAliExpessで保護フィルムも購入していて、こっちが先に届いていた。

ケースは付いてたので助かった。

でも他にいいのがあったらケースは買い換えようかな…。

それと同梱品とは別に、コンセントの変換用アダプタがおまけに付いていた。

Banggood.comはなかなかサービスが良かった。

 

まだ届いて数日だけど今のところ、使い勝手は悪くないです。

それと対応バンドがちょびっと弱い。

Expansysのところを参照するとわかりやすい。

 https://www.expansys.jp/xiaomi-mi-8-lite-dual-sim-6gb-128gb-midnight-black-314735/

でも今のところ、SIM入れて使ってない。

 

しかし最近はいつも持ち歩いてるHisense A2 Proがあるので、これの使いどころをどうしようか悩み中。
あっちは電子ペーパーが目に優しい。が、重さがあるのがネック。
(あとはたまに持ち歩くBlackberry KEYOneと、Sailfish OS入りのXperiaのせめぎ合い)
でもXaomiのMIUIも久々で興味はあるので、しばらく使ってカスタムしよう。

Sponsered Link

Banggood.comで通販(再び)

以前Banggood.comで返金になったのに、また懲りずにここで買ってしまった。

その追跡情報について、メモ。


セール品を注文した後に発送まで3日ぐらいかかったんだけど、その間Out of stockになっていて、またかよ…とちょっと思った。
でもその後ちゃんと発送され、10日ぐらいで到着。

それはいいんだけど、その間のトラッキング情報がひどい。


まず購入先のBanggood.comでの表示。

時系列ぐちゃぐちゃ。なんか不安になった。

 

次に17Trackの表示。

上の日本の郵便と、下の運送会社からの情報が全然違う。

 

ついでなので、運送会社のところで情報を見てみた。

発送元からは上記にも書いてある、Asendiaという業者が配送してる。

https://trackandtrace.asendia.com

これだと意味が解る感じ。

最初に発送したのはシンガポールらしいんだが、その情報を管理してたのは香港の会社らしい。

その後ジュネーブでトランジットして、日本到着という流れのようだ。

 

前のNokiaと比べるとかなり時間がかかったけど、ちゃんと届いたので問題なし。

で、購入したのはXaomiのスマホMI8 Liteでした。

これは自分用なので、色々いじくりまわして遊ぶつもり。
Sponsered Link

M5StickC(その1)

先日、M5StickCも購入した。

AliExpressで、アクセサリー付きを選択。

AliExpress.com Product - New Arrival ! 2019 M5StickC ESP32 PICO Mini IoT Development Board Finger Computer with Color LCD

このアクセサリー付きが在庫なしだったので、出てきたのを見計らって注文した。

その後一週間かからないぐらいで届いたので、やっぱり公式の通販は安心感がある。

 

袋から出したらさっそくウチの猫の攻撃を受けたが、USBを接続したら画面表示が出たので動作は無事っぽい。

写真撮ると画面が白くなっちゃったけど、wifiチェックの画面が出てた。

ドキュメントも一応確認。

 https://docs.m5stack.com/#/en/core/m5stickc

 

テスト用のサンプルプログラムを求めて、githubを探す。

 https://github.com/m5stack/M5StickC

上記中のexampleから、Hello Worldを表示させるだけのスケッチを使う。

いつも通り、自分が慣れてるArduino IDEで書き込み。

 

その前にライブラリを追加。

そのまんま、ライブラリマネージャでM5StickCで検索すると出てくるのでこれをインストール。

スケッチを書き込む時には、ハードウェアを選択。

これはM5Stackの設定ができていれば出てくるはず。

(いつの間にか入ってたの知らなかった…)

書き込みには微妙に時間がかかった。

というより、もう終わったかな?と思ってから、ちょっと時間がかかった。

一瞬失敗したかと思ったけど、ちゃんとHello Worldが表示されてます、見辛いけど。

どうやら問題なさそうですね。(一度落としたけど)

 

ちっちゃいものはやっぱり楽しい。

M5Stackでもまだ遊びきれてないですが、並行してこのM5Stickもいじっていきます。

Sponsered Link