M-Bus Adapter for SPRESENSE

Spresenseを引き続きいじくり回し中。

せっかくSpresenseを購入したので、それを生かそうとこれも購入。

これさえあればM5Stackとくっつけることができる。

自分的に理想のモジュールです。

 

購入先はスイッチサイエンス。

 https://www.switch-science.com/catalog/6404/

SpresenseにLCDとか外付けしなくても、M5Stackが直接接続できてとてもコンパクト。

こういうちっちゃくて機能的なのには目が無い。

接続するコネクタがピンヘッダなのもお手軽で良いです。拡張ボードに表面実装のコネクタでくっつけるのに苦労したので。

何よりM5StackとSpresenseのサイズがきっちり合ってるのが感動。

とりあえずはサンプルスケッチを動かす。

自分の場合は下記から直接ダウンロード。

 https://github.com/tomorrow56/SerialTFT

一通りサンプルが揃っているので、とても助かる。

 

Alduino IDEでexamplesに入ってるスケッチを書き込む。

まずはM5Stackに、M5Stack_sketchにあるM5_SerialLCD.inoを書き込んでおく。

Spresenseにはそれ以外のスケッチを書き込みする。この時同じフォルダに

 SerialTFT.h

 SerialTFT.ccp

を入れておくのを忘れずに。

 

SpresenseとM5Stackをくっ付けて、電源を入れればM5StackのLCDにいろいろ表示されます。

下記はSPRESENSE_M5LCD_TEST.ino。

電源はM5Stackの方だけに供給しておけば大丈夫でした。

 

接続が悪いと、M5Stack用スケッチの「Hello!」だけLCDに出るのでわかりやすい。

エラー等トラブルも全くなかったです。(ちなみに環境はMacで行いました)

拡張ボード買っちゃったけどこれだけで充分遊べるので、今持ってるSpresenseはM5Stack用にしておきたい。

そうなるとまた別途Spresenseが欲しくなるので、困る。

でもいずれやりたいことがまとまったら、もう一台買うかもです。軍資金があれば。

Sponsered Link

Sony Spresense

前から欲しかったSpresense、ようやく購入。

中国から荷物が届かないので、国内の通販でいろいろ買っているついでに買ってしまった。

(秋月電子の通販で、11000円以上購入だと送料無料になるので…)

いつも怪しいところから安いArduinoもどきを購入している自分にとっては、かなり思い切ったつもり。

 

初心者なので、とりあえずドキュメント収集。
でもほとんどのマニュアルは公式でひとまとめになっている。
 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/home_ja.html
日本語でドキュメントが充実しているのがとてもありがたい。

 

その中で、自分がよく使うのでArduino IDEを使用するマニュアルをピックアップ。
設定編
 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/arduino_set_up_ja.html

上記の「3. LED のスケッチを動かしてみる」で動作確認はOK。

点滅するLEDって緑の方だったのか。

 

開発編

 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/arduino_developer_guide_ja.html
チュートリアル
 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/arduino_tutorials_ja.html

お試しするんならやっぱり音関係かな。

 

ということで、MP3の再生だとSDカードが必要になるのでそれはまたにして、簡単に拡張ボードのジャックに接続したスピーカー(とかイヤフォンとか)から音が出るサンプルスケッチだけ動かしてみた。

問題なくドレミが出力された。音が大きくてビビったけど。

それと、本体を拡張ボードのコネクタに接続するのが結構苦労したのは自分だけだろうか。

 

公式のマニュアルには詳細に使い方を書いてあるので、ここに改めてメモしなきゃいけないようなことはなかった。

サンプルスケッチを使ってる限りでは特にクセもなく、分かりやすいんで結構楽しい。

それにM5Stackと接続できる拡張モジュールも買ってあるので、引き続き実験します。

Sponsered Link

ZK-80(小さいの組み立て中)

6月も中頃になって、ようやく前のセールで買った品物が中国から届いたりしている。

国内で購入したものも当然バンバン届いてて、片っ端から遊んでいる最中。

 

が、その前に前に、だいぶ前に買ったキット類をハンダ付け中。

以前aitendoから購入した ZK-80のミニ版をまだ組み立ててなかったので、ようやく完成させた。

このキットはホームページの写真で見ての通り、スイッチの色がかなり適当。

 https://www.aitendo.com/product/18628

数は問題ないが、機能のキーと数字キーで色がそれぞれ違うほうが面白いので、 AliExpress からスイッチのみ購入した。

こういうものは2週間ほどで届いた。

 

色は黒だけ50個。そんなにいらないけど、こういうのはロットで買うしかない。

白も良かったが、その時はこれが一番安かった。

AliExpress.com Product - 50PCS Micro Switch Black Push Button Switch Momentary Tact Switch 3X6X5mm/4.3mm DIP /SMT 2Pin 260GF Key Power Button

上記の「1136-5 DIP Black」を選択。

実装は問題なく、ホールに挿入できてはんだ付けもできた。

 

しかし電源を入れたところ、どうも7セグの表示がおかしい。

画像じゃわかりづらいけど、それぞれの7セグの1、2桁がむちゃくちゃに点滅している。

確認しても実装には問題ない。スイッチ以外部品はあまり無いし。

これはプログラムそのものがバグっているとしか思えなかった。

 

そこで前に組み立てた ZK-80の大きいほうの IC を引っこ抜き、こっちに挿して動作確認。

すると問題なく表示される。

やはり IC のみがおかしいようだ。

 

そうなるとファームウェアを焼き直すしかないのかと思ったが、よく見たら IC の型番が違う。

この IC の型番は PIC32MX120F032B で、ホームページに書いてある型番ではない。(本来はPIC32MX120F032B)

これは店側の間違いだと思うのだがaitendoは保証期間が10日間しかない。

(いまさら調べた)

 

一ヶ月以上前に買ったので、今文句言っても多分無駄なような気がするが、一応お店にメールしておいた。

※追記:このブログ書いた直後に速攻でメールの返信頂きました。

 ありがたいことに無料交換になりました、ありがとうございます。

 

結構売れているようので他にもトラブルになった人がいるんじゃないかと思うんだが、たまたま自分が引き良かっただけだろうか。

こういう運は嬉しくない。 

 

しかたないので、別途新しい IC だけ買ってファームウェアを自力で焼きこむつもり。

※追記:IC交換してもらいました。現在は問題なく動いています。

しかし最近、通販で問題が多いなあ。

Sponsered Link

TTGO T-Watch(その6)

Arduino IDEでT-Watchのサンプルスケッチが増えたので片っ端から見てたんだけど、T-Quick(前はT-Carとも呼んでた)のサンプルスケッチもあった。

以前はESP32にファームウェアを書き込む専用のツールを使っていた。

それが新しいライブラリではArduino IDEから書き込み可能になって、これは便利。

 

サンプル例の中からTTGO T-Watchを選択すると、そのままTQuickというファイルが見つかるはず。

これを開いてコンパイル…する前に、コントローラ用アプリのライブラリをダウンロードして取り込んでおく。

 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/DabbleESP32.git

これ何だろう?と思ったら、以前使用したのと同じアプリだった。

 

あの時はファームウェアをダウンロードしたときに一緒についてきたやつだったんだけど、ちゃんとGoogle Playに登録されてダウンロードできるようになっていた。

 https://play.google.com/store/apps/details?id=io.dabbleapp

これで怪しいアプリじゃなくなった感じ。(ホントか?)

iPhone用は無いみたいだ。

 

これでTQuick.inoをコンパイルして、T-Watchに書き込み。

もちろん普通にコンパイルできた。

しかしなんかやたら時間がかかった気がしたなあ。

 

あとはスマホからBluetoothでアプリと接続して、「GamePad」の矢印からコントロール。これは前のと同じ。

動きそのものも前のと変わらない感じ。

ただ、今さら気付いたんだけど画面表示できたのか、この子。

T-Quickのオプション付きの本体を購入して、前の書き込みでは画面が表示されなかったもんだから、てっきりLCDはついてないもんだと思い込んでいた。

本体のスケッチと比べてこの画像ファイル(CAR_PNG.c)がデカい。

画像変えたいなと思ったんだけど、lvgl.hがよくわからなかった。普通にBMPファイルをコンバートしたのは使えないんだろうか。

あんまり使いこなしてないんで、また試してみる。

 

ついでに気になったことメモ。

T-WatchのTFT_eSPIライブラリのサンプルも見たんだけど、graphicstest等のスケッチを書き込む前にスケッチ内の冒頭にも記載されている通り、libraries/TFT_eSPIのUser_Setup.hファイルをT-Watch用にしておかないといけない。

調べていたら、これ、引っかかる人結構多い。(自分も)

なのでUser_SetupsフォルダにあるSetup45_TTGO_T_Watch.hをリネームして、User_Setup.hにしてサンプルスケッチの書き込みを行ったんだけど、エラーも出ないけど画面表示も出なかった。

こういうのが一番困る。こっちも宿題になってしまった。

Sponsered Link